連載
» 2014年11月26日 11時00分 UPDATE

身体を張って検証しました:もう自炊に戻れない!? 「MFSカロリー制限食」に再チャレンジ! (1/2)

前回はまさに絶好調。体重がハッキリと減少している。そして筆者は久々に自炊が続き苦労することに。もしかして宅配食から離れられない身体に変化している?

[小林誠,ITmedia]

 連日80キロ台を切り続けた前回の「美健倶楽部」。このサービスだけでなく1カ月を過ぎ連日の宅配食の効果が出てきたのだろう。今回は筆者が以前、糖尿病と診断された直後に試していたメディカルフードサービスの「MFSカロリー制限食」を取り上げる。当時は「量が少なすぎて続けられない」と思ったものだが、今は違う。むしろ自炊を作り過ぎたと感じるほどに。そんな体重の変化も見てほしい。

ts_mfs01.jpg MFSカロリー制限食の一例「厚揚げ辛味噌煮」。解凍が若干足りなかったが、肉が多めで味もしっかり。ご飯に合う。ゴボウの炒めものは酸味があり、サラダの大根は柔らかく、チンゲンサイの和え物は味が少し薄め

筆者のスペック紹介!

身長168センチ、体重82キロ。2014年現在32歳。普段運動、スポーツはまったくしないが、ハイキングやウォーキングといった「歩き」は好き(走るのは嫌い)。乱れた食生活と、遺伝の影響もあって30歳で糖尿病と診断され、何度もダイエットに挑んでいる。これまで最も長続きしたのは糖質制限で一時70キロ以下まで減量したが、1年が限界だった。


在庫があれば当日出荷! 自分に合わせて選べる

 今回メディカルフードサービスのWebサイトで注文したのが「MFSカロリー制限食」のB。1食240kcalほど。以前筆者が注文したものと一緒だ。ご飯なし。冷凍で届く。

 ほかにも同じコースのA(1食200kcal)のほか、「MFSやわらか食」「タンパク制限食」「塩分制限食」「バランス健康食」を選べる。

 どのコースも会社名通りというべきか、持病がある人、高齢者を意識しているのが分かる。

ts_mfs02.jpg Webサイトで紹介されている食事。献立の確認も可能だ。この選ぶ時間が楽しい人もいるはず

 今回の「MFSカロリー制限食 B」も「糖尿病」「肥満」で医者の指導を受けている人向け。もし一般的なダイエットで食べるのなら「MFS塩分制限食」や「バランス健康食」が良いようだ。

<MFSカロリー制限食 B お試しセット>

  • 6食で4850円(送料・税込)
  • 糖尿病患者向け
  • 1食約240kcal
  • 全国宅配
  • 冷凍一括配送
  • 賞味期限は約2カ月半

 1食約808円。コンビニ弁当と比べれば高め。ただし栄養基準は糖尿病の治療ガイドに基づいている。Webサイトには糖尿病の合併症のコラムをはじめ、読み物もある。生活習慣病が気になる人が読んでも役立つはず。

 なお会員登録後のマイページでは過去の注文履歴も確認できる。ここで筆者はかつて自分が注文した履歴を確認できた。

ts_mfs03.jpg かつて注文した履歴。今回とまったく同じコース。ただ金額が50円だけ高くなっていることに気付いた

 お試しセットではあるが、不定期注文時もこのセット。他のサービスでは「お試しセットは初回のみ」という場合もあるので、これはありがたい。もちろん定期コースもある。

 支払いはクレジットカード決済をはじめ、コンビニ決済、銀行振込、代引き、口座引き落としと広く対応。

 注文は平日15時までなら「在庫があれば」当日出荷とのこと。これは便利。今までのサービスに当日出荷をうたうサービスは無かった。

 しかし筆者は土曜日の午前中に注文。注文確認メールに在庫の有無の表示はない。少々不安。すると月曜日に発送メールが届き、火曜日午前中にクロネコヤマトで届いた。これなら平日は翌日着だろう。

冷蔵庫で解凍が必要 少量に慣れた? 自炊よりもやせる!

 届いたダンボールは少し細長く、前回ほどではないが小さめ。1食分の容器に4品盛りつけられているが、冷凍庫に入れるとまだ余裕がある。やはり1食の量が少なく感じる。容器も小さめでゴミはそれほど増えない。

ts_mfs04.jpg 届いたダンボールをiPhone 5sと比較。6食分とカタログや食事療法の小冊子が同梱
ts_mfs05.jpg 開封し、カタログ、小冊子を除いたところ
ts_mfs06.jpg 6食分。すべて1食主菜1品+副菜3品。電子レンジで温める前に冷蔵庫で解凍する。前夜に冷蔵庫→翌朝レンジで温めて朝食、という流れが良かった
ts_mfs07.jpg 筆者の小さな冷凍庫に余裕で収まる。ただしほかの冷凍食品があると厳しい(霜も取らないと……)

 各容器には栄養成分、原材料名が表記。温め方は「冷蔵庫で解凍」したあと、電子レンジで2分。事前に冷蔵庫で解凍が必要なのだ。これが面倒と言えば面倒だが、前夜に冷蔵庫に入れるだけでいいので気にならず。

 ご飯は筆者のほうで玄米や麦、雑穀を混ぜたものを炊いている。

 結果、まったくつらくない。少なくとも食べ終わったときに、もっと何かを食べようという気がしない。明らかに筆者は少食に慣れてきた。

 また薄味のメニューはあるものの、「これが塩分2.2グラム以下?」と感じるほど、ご飯にちょうどいい。薄味にも慣れてきたのだろうか?

 次ページで、冒頭の1食を除いた5食を紹介する。

       1|2 次のページへ

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.