レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 UPDATE

「EOS M2」一言レビューまとめ

[ITmedia]

EOS M2 (キヤノン)

 ステップアップまたは一眼レフのサブ機として位置づけられるミラーレス機。既存「EOS M」よりボディの小型化を進めながら、Wi-Fiを新たに内蔵。AFも高速化した。

EOS_M2-001.jpg

snomura_profile.jpg

野村シンヤ ★★★☆(3.5)

初代よりは格段に速くなったAFに注目

前モデルのEOS MはとにかくAFのスピードが速いとは言い難く、手軽にカメラをとり出して、サッと撮るには使いづらかった。今回は「ハイブリッド CMOS AF II」を搭載することで格段にピントの合いやすさが向上。これならコンデジのようにこの大きさが生かせる。背面のボタンやダイヤルは操作しやすく、グリップもしっかりしていて握りやすい。液晶ディスプレイはタッチパネルに対応しており、反応も上々で、メニュー選択がタッチ操作で快適にできるのもいい。


hkobayashi.jpg

小林裕和 ★★★☆(3.5)

AF速度が改善し、最強のAPS-Cスナップ機に?

【良い点】「EOS M」からAF速度が改善されて非常に使いやすくなった本機。Wi-Fiも搭載され、EOS remoteでスマホへの画像転送を即座に行えるようになり、SNSとの連携もバッチリ。今までAF速度を理由に避けていたユーザーは再検討すべきだろう。また、ダブルズームキットに付属する「EF-M 22mm F2」はスナップで多用される35mm相当のレンズの中では最高クラスの描写を誇るため、改善されたAFとあわせて快適なスナップを楽しんでほしい。【気になる点】今回もEVFの採用が見送られたことが非常に残念である。モードダイヤルの使いにくさも相変わらず。


Hiroshi_Watanabe.jpg

渡邊宏 ★★★☆(3.5)

あるべき姿を見せた2代目「EOS M」

「快適感のあるAF」―既存比約2.3倍というAF速度はダテではない。高速AFで鳴る他社ミラーレス機に比較しても見劣りすることはなく、快適なAF撮影を楽しめる。Wi-Fi搭載と小型ボディもマル。 「変化に乏しい外観」―新鮮味の乏しさは残念。これが初代だったらと思わずにはいられない。


nobu1.jpg

NOBU ★★★★(4.0)

基本性能を磨き上げた後継機種 操作性の改善が嬉しいが

初代EOS M発売から1年少々、後継機種は基本性能と使いやすさを磨き上げた正常進化モデルだった。撮影モード選択ダイヤルの写真モードが2種類に増えたことで異なるモードでの交互撮影が格段に快適に、若干の小型軽量化と親指グリップ部分の形状最適化によりホールド性が向上、ステレオマイク位置が左肩からレンズ左右前面に移動し音質の自然さが増すなど初代からの改善点は多い。AF速度もさらに快適になり満足度は高いが、端子部カバーが軽量化のためなのか大きくグニャグニャした材質に変更され、ストラップ金具回転部と干渉しやすいのが少々気になった。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう