レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 UPDATE

「FUJIFILM X-M1」一言レビューまとめ

[ITmedia]

FUJIFILM X-M1 (富士フイルム)

 1630万画素「X-Trans CMOSセンサー」を搭載したミラーレスカメラ。フィルムカメラを連想させるアナログ感覚のデザインと、ローパスレスによって実現した高精細な画質が魅力だ。

X-M1-001.jpg

20120422-___.jpg

荻窪圭 ★★★(3.0)

さらにコンパクトになったがEVFがないのは残念

Xシリーズがさらにコンパクトにカジュアルに一般向けになったのがX-M1。画質は上位モデルと変わらないけど、EVFがなくなり、撮影モードダイヤルがXというよりFinePixに近いデザインに変更された。コンデジからのステップアップユーザーには親しみやすいけど、ちょっと寂しい気がする。でもレトロな四角いボディに高い描写力というXらしさは保っている。


snomura_profile.jpg

野村シンヤ ★★★☆(3.5)

Xマウントカメラを手軽に楽しみたい人向け!?

富士フイルムのレンズ交換式ミラーレスカメラの中では、エントリー的な位置づけというかクラシックテイストを取り入れつつも、コンパクトデジカメに近いようなデザインのカメラ。レンズ交換式のバリエーションを増やすという意味合いでもあるのだが、少し中途半端な気もする。だが、その分だけコンパクトになっており、精細な絵を生み出す「X-Trans CMOS」センサー、「FUJIFILM Xマウント」レンズの組み合わせを手軽に楽しみたいというニーズには応えてくれる。


kimafuji_ico.jpg

今藤弘一 ★★★★(4.0)

上位モデルと遜色ない画質をコンパクト&軽量なボディで実現

「X-E1」や「X-Pro1」は手が出ないが、もう少し手軽に使えるミラーレス一眼を探しているならアリのモデルだろう。今年の7月に発売された本機は、実売価格も6万円台前半と求めやすくなっているほか、ボディサイズも先輩よりコンパクト&軽量にまとめられている。しかしイメージセンサーはAPS-CサイズのX-Trans CMOSセンサーを採用しているので、上位2モデルと遜色のない画質を得られるのがポイントだ。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう