レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 UPDATE

「EOS Kiss X50」一言レビューまとめ

[ITmedia]

EOS Kiss X50 (キヤノン)

 被写体や情景に応じて、フォーカス/露出/ホワイトバランス/オートライティングオプティマイザ/ピクチャースタイルの5つをカメラが制御する「シーンインテリジェントオート」を搭載した、エントリー向けデジタル一眼の定番。

EOS_Kiss_X50-001.jpg

nagayama.jpg

永山昌克 ★★(2.0)

真っ赤なボディも選べる一眼レフの入門機

搭載機能は絞られているが、一眼レフとしては適度に小型軽量であり、低価格ながら豊富なキヤノンEFレンズが使える点は魅力。惜しいのは、ほかの「EOS Kiss」に比べてシャッターまわりのレスポンスが遅いこと。シャッターボタンを押してから実際にシャッターが切れるまでの反応が鈍く、次のシャッターを押すまでにワンテンポ遅れる印象を受ける。起動やファインダー撮影でのAF性能については大きな差はない。


20120422-___.jpg

荻窪圭 ★★(2.0)

性能より作りの安っぽさが気になるのが残念

2つ前の廉価一眼レフ。フルHD動画に対応しないなど、今の一眼レフとしては性能はワンランク下で、ボディの質感も「いかにも廉価版」といった風。ファインダーも小さい。カタログに載っているので現役モデルなのであるが、がんばってもうちょっと上のカメラを狙いたいところ。Kiss X7とか。


snomura_profile.jpg

野村シンヤ ★★☆(2.5)

少々古いKissのエントリーモデルはボディが残念

2011年に登場したモデルで、Kissシリーズの中でもローエンドに位置する製品。X5はバリアングル液晶モニターを搭載しているが、こちらの背面モニターは固定式の2.7型とシンプル。そのかわり、重さは約495グラムと軽い。最新のX7にはスペック的にも大きさ・重さ的にも変わらないが、コンパクトで軽いデジタル一眼レフを探している人にはいいかも。ただし、ボディはツルツルとした仕上げでプラスチック感が強く、チープさを感じる。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう