レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 UPDATE

「REGZA Tablet AT501」一言レビューまとめ

[ITmedia]

REGZA Tablet AT501 (東芝)

 東芝の10.1型ベーシックタブレット。現在は後継機の「AT503」「AT703」が登場している。

AT501-001.jpg

showji250a.jpg

庄司恒雄 ★★★(3.0)

レグザユーザー向けの実用タブレット

ハード仕様はAT503とほぼ同等ながら、こちらは重量が625グラムとやや重くなっている。レグザリンクによりレグザやレグザブルーレイ、レグザサーバなどレグザ家電製品と連携ができ、レグザを利用しているユーザーには利便性が少なからずある。またATOKやリモートデスクトップなど実用アプリがプリインストールされている点はよい。


suzumari_300.jpg

すずまり ★★★☆(3.5)

リーズナブルにレグザと連携するなら

REGZA Tabletの中では、手の届きやすいスタンダードモデル。重さは約625グラムだが、さほど重く感じれられない。10.1インチで1280×800ピクセルなので、画質はそこそこといったところ。自宅のテレビがレグザなら、連携して楽しむこともできる。しかし、すでに上位モデルが登場しているので、できればそちらがおすすめ。高画質での視聴にこだわりたいなら、予算の許す限り上を狙ってみては?


syacho01.jpg

太田百合子 ★★★☆(3.5)

前モデルながらスペック面で見劣りなし

「AT503」のひとつ前のモデルだが、搭載OS以外はスペック的に大きく見劣りしない。逆に実勢価格が下がっている分、コストパフォーマンスが高く、お得感のあるタブレットと言える。東芝製のブルーレイレコーダーやテレビに、タブレットから写真や動画を出力したり、テレビで録画した番組や放送中の番組を、タブレットから視聴するなどの連携機能が充実。ほかにもプリインストールアプリが充実している。


130929_2106bpm_01_500.jpg

2106bpm ★★★(3.0)

RAM容量を2GBにしてほしかった

ディスプレイ表示が綺麗な印象のレグザタブレットシリーズだが、AT501も視野角の広いIPS液晶を搭載している。端子やボタン、スロットは正面向かって左側面にまとめられているので、上下および右側面はすっきりしている。好みは分かれるかもしれないが、スロットやボタン類がまとめて搭載されている方が迷い難く、操作もしやすい印象。唯一、RAMが1GBという点が残念。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう