レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 UPDATE

「AQUOS PHONE ZETA SH-01F」一言レビューまとめ

[ITmedia]

AQUOS PHONE ZETA SH-01F (シャープ)

 “3日使える”3000mAhの大容量バッテリーと5インチフルHDのIGZO液晶を搭載した、ドコモ「おススメ」のハイエンド端末。

SH-01F-001.jpg

20130829_190551_250.jpg

布施繁樹 ★★★☆(3.5)

持ちやすさにこだわった最新のZETA

とっても持ちやすいラウンド形状のスマホ。ディスプレイは大きいけれども持ちやすいと思う。ディスプレイはIGZOを搭載しているので反応も上々、正面からの発色は良いけれども、左右からは白っぽく見えるのでその辺は改善してくれないかなと思う。カメラはやはり最新モデルだけあって起動が速く快適。ホワイトバランスも中心部分に合わせるので、ほぼ正確な色合いになっている。ただ、残念なのは激しく動くと一瞬色が抜けたようになってしまう。おそらくはホワイトバランスを合わせる処理をしているのかな。通常の撮影には影響が無いでしょう。カメラUIは前回のモデルより一新されており、初心者でも使いやすくなった。ディスプレイ下部のボリュームキーがとっても残念。


pporoch.jpg

ぽぽろっち ★☆(1.5)

シンプルといえばシンプルなんだけど物足りないデザインと使いにくい音量ボタン

大容量バッテリー、狭額縁で幅を70ミリに抑えつつ背面をラウンド形状にすることで大画面の割に持ちやすいスタイル、性能面でもそつのない仕様。個性的なデザインというわけでもなく、際立った機能があるわけではないけど、普通に使える機種。そのシンプルな外観を維持するためか、音量調整は通常のボタンではなく、タッチ式のセンサーが正面下部に備わっているが、個人的には、これがあるだけですべてが台無しと言っていいほど使いにくいと思っている。


kobayashi_takeshi.jpg

小林健志 ★★★☆(3.5)

キー配置など前機種からの変更点に疑問

IGZO液晶の省エネ性能がさらに進化し、普通の使い方なら充電無しで3日持つというバッテリー持ちの良さの向上は素晴らしい。しかしその他の変更点には疑問が多い。ボリュームキーが側面からディスプレイ下に移動。バックキー、ホームキーの下という押し間違えやすい位置への移動は理解に苦しむ。またQiや赤外線通信非対応になったりとSH-06Eから削られた機能も多いのも残念。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事