連載
» 2014年12月26日 06時45分 UPDATE

ヘルシーライフの新常識:油摂りダイエットのススメ【第4回】”この油”を味方につけて賢くダイエット!

身体に油は必要なもの。それなら、上手に選んで、賢く摂って、ちゃっかりダイエットもしちゃいましょう。味方につけるのは、「オメガ9系」です。

[ことばや/伊藤佳代子,ITmedia]

 身体にとっていい油、必要な油は「必須脂肪酸」であり、特に「オメガ3系」を積極的に摂りたいという話を前回しました。今回はその上手な摂り方と、もうひとつ、味方に付けたい油についてのお話をします。

 必須脂肪酸に分類される「オメガ3系」と「オメガ6系」ですが、イマドキの食生活は、どうしても油の多い食事に偏りがちなうえ、魚料理をあまり食べません。つまり、オメガ3系が不足し、オメガ6系が過剰になっている傾向にあります。

ts_healthylife.jpg

 あなたの普段の食生活を思い浮かべてみてください。青魚を積極的に食べていますか? サラダ油やコーン油を使った炒め物や揚げ物をよく食べていませんか?

 こうした悪いバランスを整えるためにいい働きをしてくれるのが「オメガ9系」の油です。

「オメガ6系」の代打は「オメガ9系」

 過剰なオメガ6系の油を制御するには、普段、家庭で使う油をオメガ9系に代えるのがもっとも簡単な方法です。サラダ油の代わりにオリーブオイルをつかえばいいのです。

 オリーブオイルは熱に強く、酸化しにくい性質を持っているので加熱料理に最適。しかも、血液中の悪玉コレステロールを減少させる働きがあるとも言われ、身体にとってはいいことばかりの油なのです。

 後は、オメガ3系の油を多く摂るようにすればOK。イワシやアジ、サバなどの青魚を積極的に食べるようにしましょう。とはいえ、魚ばかりでは飽きるという人にオススメなのは、ドレッシングとして使う方法。オメガ3系の亜麻仁油やエゴマ油などを使った自家製ドレッシングを作り、抗酸化成分が多いと言われる緑黄色野菜たっぷりのサラダにかければパーフェクトです。

いい油を賢く使えば、太りにくい身体に!

 まとめると、酸化に強いオメガ9系は加熱料理に。酸化に弱く加熱に不向きなオメガ3系はドレッシングなど生で使う。これが、いい油と上手に付き合うコツです。

 年末年始は外食も増え、暴飲暴食しがちな時期ですが、オメガ6系が多い外食はなるべく控えたいところ。オメガ3系やオメガ9系の多い自炊の機会をできるだけ多くするよう心がけてほしいものです。

 ずっと悪者だと思っていた油も、その種類や質を意識して使えば、ダイエットの味方にもなります。効率的に脂肪を落としたいなら、いい油を積極的に摂り入れ、賢く使って、太りにくい身体を目指しましょう。

 次回からはまた、新しいテーマでの連載となります。来年もご愛読のほど、よろしくお願いいたします。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう