レビュー
» 2014年12月22日 07時00分 UPDATE

動画で360度チェック:Jawboneの新型活動量計「UP MOVE」を動画レビュー

UPシリーズでおなじみのJawboneから新モデルが発表された。エントリーモデルの「UP MOVE」の使い勝手を見ていこう。

[田中宏昌,ITmedia]

 活動量計やライフログバンド「UP」シリーズを提供しているJawbone(ジョウボーン)が、新たに心拍数センサーを備えた上位モデル「UP3」とシンプルな活動量計「UP MOVE」を発表した。

 ここで取り上げるUP MOVEは、500円玉サイズのトラッカーに3軸加速度センサーやLEDディスプレイを内蔵した活動量計だ。無料アプリ「UPアプリ」を活用することで、歩数や運動量、消費カロリー、睡眠情報などを記録できるだけでなく、ユーザーに適したアドバイスを行う「Smart Coach」(スマートコーチ)機能も提供される。

 付属のクリップを使って身に付けるほか、別売のリストストラップを利用することも可能だ。価格は6480円(税込)と手頃で、カラーバリエーションも5色と豊富なので、気に入ったモデルを選べるのもうれしい。

 まずは、動画をチェックしてほしい。

ht_um01.jpg 「UP MOVE」のパッケージ。トラッカーの色はブラックバースト、ブルーバースト、グレープローズ、ルビーローズ、スレートローズの5色が用意される
ht_um02.jpg リストストラップは別売で、複数のカラーがラインアップされている。睡眠中は、クリップよりもリストストラップの方が外れる心配がないだろう。
「UPアプリ」の画面。睡眠時間や歩数、フードスコアなどがグラフィカルに表示される。食事のデータベースも豊富だ

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう