ニュース
» 2014年12月16日 06時45分 UPDATE

やせる(?)アプリ、試します:“本気”のダイエットアプリ「Noomコーチ」は話題が豊富で優秀なコーチでした!(4)

4週間にわたって使い続けた「Noomコーチ」Pro版。「匿名グループ」と「運動の記録」を詳細に紹介したが、このアプリの本命機能は「コーチ」であることを忘れてはならない。

[小林誠,ITmedia]

 月額990円、“本気”のダイエットアプリこと「Noomコーチ Pro版」をこれまで使い続けてきたが、いよいよ最後の4週目。結論はやはり「長続きしやすい」だろう。

 同じことの繰り返しになりがちな一般のアプリと違い、Pro版は毎日コラムやアドバイスが変わり、それをキッカケに自分のダイエットも変化する。この4週間、ウォーキングが長続きしたのも、「運動以外」のダイエットもあり飽きなかったから。最後にその工夫をまとめる。

ts_noom01.jpgts_noom02.jpg (左)毎日のコラム、アドバイスがダイエットを楽しく、長続きさせる。(右)ダイエットでも食事が楽しくなるのもポイントだ

アドバイスが読みやすく、豊富、だから長続きする

 Noomコーチ Pro版を使い続けて、最後に感じたメリット&デメリットをまとめると以下の通りになる。

良い点

  • 飽きない
  • 食事管理重視
  • ダイエット用料理のレシピがある
  • 過去のコラムを確認できる
  • 日々最新のアドバイス

悪い点

  • 料理のレシピが少ない
  • 「日記」の機能が物足りない
  • 忘れられた機能がある
  • ウィジェットの運動記録が残らない
  • 運動派は記録だけ

 良い点の「飽きない」が最重要だ。ダイエットは長続きしなければ意味がない。短期間でやせても、飽きてしまいリバウンドをしては無意味なのだ(と分かっていながら筆者も挫折し続けているのだが)。

 ではなぜ飽きないのか? まず「食事管理」が重視されているからだろう。毎日更新される「コラム」「アドバイス」も、食事の話が多く、しかもさまざまな料理、食材の話が出てくる。「今日はこれを食べよう」「こちらのほうが健康に良いのか」と、買い物も楽しくなる。

 アプリ内にはダイエット用レシピがあり(もっと増やしてほしい)、いくつも試した。簡単に作れるものが中心で、今では日常的に作るレシピもある。

 以下は筆者のお気に入り。

ts_noom03.jpg バナナと豆腐のスムージー。写真では牛乳を使う予定が豆乳になってしまったが美味しい
ts_noom04.jpg きゅうりの梅肉和え。これは簡単に作れるうえ、食が進んでも低カロリー
ts_noom05.jpg 簡単ハーブチキン。鶏の胸肉がこんなに美味しくなるなんて! と驚いた一品
ts_noom06.jpg いか納豆。レシピを見たい人はNoomコーチを試しましょう

 逆に運動を重視したい人には物足りないだろう。機能もほぼ「記録」だけ。筆者はウォーキング中心だから良いのものの、新しいトレーニングを試したい、といった人には不向き。運動の解説もなし。コラムに話題は出るものの、緩めのトレーニングが中心だ。

 ところで、このコラムやアドバイス、さらに日々の食事の記録や歩数は、トップ画面から振り返ることも可能(画面上のカレンダー部分をフリック)。役立つノートが自動で作成されている感じだ。この積み重ねもダイエットを続ける気持ちにつながる。

 一方で「日誌」機能が不便、というより使わない。こちらでも食事や運動の記録が可能で、体重やウエストの記録も見られるのだが、トップ画面でできることが、なんでこちらにあるのだろう? それに「日誌」ならメモ機能くらいあってほしいものだが。

 しかも食事の記録はトップ画面と連動しているからよいものの、運動の記録はウィジェットからの情報が反映されない。しかも一週間分しか見られない……。もっとトップ画面の記録を読みやすく、といった変更がほしい。

 たとえば「履歴」機能も「日誌」に近く、トップ画面と重なっている部分があるのだが、こちらは縦スクロールで過去の食事や運動の記録を見られる。サクッと見られるし、7日間、30日間の記録がまとめられており、データのエクスポート機能があるからまだ使う機会が多いのだ。

ts_noom07.jpgts_noom08.jpg (左)日誌機能は、食事と運動の記録を行うのがメイン。(右)履歴機能では過去の達成具合を縦スクロールでサクサク確認ができる

 「ウエストの測定」もアドバイスでまったく促されないのでほとんど記録していない。体重測定はときどき促されるのだが。

 ただしこれらの使わない機能も、アドバイス次第で使うようになるのかもしれない。これがこのアプリの面白いところで「Noomプロの設定」で、自分の現在の状況やダイエットの方向性を変更することができる。するとアドバイスにも変化が見えるようなのだ。

 フォーラムの書き込みを読んでいると、「長く続けていると同じアドバイスが続く」ことがあるらしい。そんなときに設定を見直すとコーチの仕方も変わるというわけだ。

ts_noom09.jpg 「Noomプロの設定」は、Pro版加入後に行っているが、再び行い、答える内容が変わると、アドバイスに変化があるようだ

 実は今、他のウェアラブルギアやアプリを試し、やはり似たような機能としてアドバイス機能があるものの、翻訳内容が「?」ということが続いている。

 その点「Noomコーチ」は読みやすい。ときどき「日本のスーパーに普通は売ってないよ!」と思う食材を勧められたりもするが、頻度は多くない。やはりアプリ名らしく「コーチ」の実力が高いのだ。

ts_noom10.jpgts_noom11.jpg (左)Noomコーチ1週目初日の写真。(右)4週目最終日の写真。個人的には足や尻が鍛えられている感じはしていたが、こうして比較すると腹回りが細くなってきている!

 次回からはドコモと組み始めたヘルスケアサービス「Runtastic」に挑戦。Noomではウォーキング中心だったが、もう少し当初の筋トレに戻してみたい(寒いし)。なんとか鍛えられた身体をお見せしたいのだが……クリスマス、正月を挟んでどうなるだろうか。

Copyright© 1999-2016 Digital Advantage Corp. All Rights Reserved.

オススメ記事