連載
» 2014年12月15日 07時00分 UPDATE

美人時計×ITmedia:BIJIN MODELが“脈”をガッツリ測ったら……

美人時計のモデルがITmediaとコラボレーション。その第3弾は、斉藤一美とエプソンの活動量計「PULSENSE PS-100」だ。

[田中宏昌,ITmedia]

 「生き方のセンスは、脈に出る。」をキャッチフレーズに掲げているのが、エプソンの脈拍計測機能付き活動量計「PULSENSE」シリーズだ。液晶画面を備えた上位モデル「PS-500B」と、シンプルな「PS-100」がラインアップされており、どちらも無料の専用アプリ「PULSENSE View」を利用することで、脈拍のリアルタイム表示に加え、一日の活動や消費カロリー、睡眠状態などを分かりやすく把握できる。

 今回は、PS-100をBIJIN MODELに使ってもらった。その結果は、動画を見てほしい。

ht_bi01.jpg 「PULSENSE PS-100」のパッケージ。バンドサイズの長さで2タイプが用意される
ht_bi02.jpg 専用アプリ「PULSENSE View」の画面。左がエクササイズの内訳、右が睡眠時間を可視化したもの

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.