ニュース
» 2014年12月13日 07時00分 UPDATE

スマホ依存の生活を変える、日本発の“さりげない”スマートウォッチ「VELDT SERENDIPITY」販売開始

「ネットに時間を奪われすぎた生活のリバランス」をコンセプトに開発された日本発のスマートウォッチ「VELDT SERENDIPITY」(ヴェルト・セレンディピティ)が12月12日に発売されました。

[園部修,ITmedia]
VELDT SERENDIPITY VELDT SERENDIPITY

 「スマートフォン依存の生活をリバランスする」というコンセプトで開発されたスマートウォッチ「VELDT SERENDIPITY」(ヴェルト セレンディピティ)の販売が12月12日に始まりました。

 VELDT SERENDIPITY モデルRは、Ripplet(リップレット)、Silky Ice(シルキーアイス)、Moon Ray(ムーンレイ)の3色を用意しており、それぞれしろベルトと黒ベルトのモデルを提供。価格は10万8000円(税別)です。

VELDT SERENDIPITY VELDT SERENDIPITY モデルR。左からRipplet、Silky Ice、Moon Ray

 VELDT SERENDIPITY モデルCは、Gentle Lily(ジェントルリリー(白))、Deep Seed(ディープシード(黒))、Crisp Mint(クリスプミント(緑))、Rich Violet(リッチバイオレット(紫))、Fresh Scarlet(フレッシュスカーレット(赤))の5タイプで、価格は7万8000円(税別)です。

VELDT SERENDIPITY VELDT SERENDIPITY モデルC。カラーは左からGentle Lily、Deep Seed、Crisp Mint、Rich Violet、Fresh Scarlet

 VELDT SERENDIPITYは、スマートフォンと連携し、さまざまな機能をディスプレイに表示したりする、いわゆるスマートウォッチとは一線を画し、時計としての魅力を備えつつ、ライフスタイルをスマートにサポートするツールとして開発されたスマートウォッチです。スマートウォッチといいつつ、その意匠は時計に近く、ネットからの情報は必要最小限に手元に通知します。重要な情報は見逃さず、周囲への配慮もできる点が特徴です。活動量や睡眠量を計測する機能なども備え、スケジュールアプリと同期する機能なども持っており、こだわりを持つ大人向けのツールとなっています。バッテリーの持ちは1週間の待受が可能とのことで、毎日充電する必要もありません。

 また、スマートフォンに触れることなく、ネットを活用できるサービス「VELDT WEARABLE SERVICES」もスタートしており、日本交通とのパートナーシップで事前に登録した地点へのタクシー配車サービス(東京地区のみ、半年間無料)なども利用できます。

 販売店は家電量販店などではなく、伊勢丹新宿店 メンズ館8階 チャーリー・ヴァイス、コール ハーン 銀座本店、大丸東京店 7F メンズギアスクエア ユーロパッション、高島屋 京都店 4階 CSケーススタディ、バーニーズ ニューヨーク銀座店、阪急メンズ東京店 B1 タイム&テーブル ラスクなどでの扱いとなります。

 コール ハーンでは、新作フットウェア「ゼログランド」のスエードを使ったオリジナルベルトを採用したコラボモデルも販売するほか、2015年の京都高島屋新春福袋では、大正時代から伝わる柄や紋を取り入れた京都発信ブランド「Pagong」(パゴン)とのコラボレーションベルトの特別モデルや、さりげない上質感や柔らかな革の質感で定評を持つ鞄ブランド「PELLE MORBIDA」のレザーを使用した、バーニーズ ニューヨーク限定のXO(Exclusive Ours)モデルの販売も予定しています。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう