ニュース
» 2014年12月12日 17時41分 UPDATE

体重、歩数、血圧をまとめて管理できるドリテックの「Lifesense」

体重や活動量、血圧のデータを毎日記録するのは健康維持の上でとても重要ですが、現状それらのデータの多くはバラバラに管理されています。ですが中には1つのアプリと対応機器ですべてが管理できるものも出てきています。

[園部修,ITmedia]

 毎日の運動の管理に活動量計を使ったり、体組成計のデータを記録したりしている人は多いと思います。ですが、いざそれらのデータをまとめてみようと思うと、アプリがばらばらだったり、データの互換性がなかったりすることも多いのが現状です。ですが、ドリテックのiOSアプリ「Lifesense」(ライフセンス)なら、対応ボディスケール(LS103-BD)、ヘルスケアバンド(LS405-BD)、うす型手首式血圧計(LS810-BD)を購入することで使えば、これらのデータが一括で管理できます。

Lifesense Lifesenseアプリと対応機器

 Lifesenseは、無料のiOS向けアプリで、対応製品とBluetoothで接続することで、毎日の体重や歩数、血圧が細かく記録できます。結果はグラフ形式で表示可能。目標を設定すれば達成率を表示する機能もあるので、ダイエットなどにも活用できます。

 Lifesenseボディスケールは、Bluetooth対応の体重計。最大計量150キロで、単4形乾電池4本で動作し、1日3回計測した場合でおよそ6カ月電池が持ちます。サイズは約280(幅)×245(奥行き)×22.0(長さ)ミリ、約1300グラム。

Lifesense Lifesenseボディスケール

 Lifesenseヘルスケアバンドは、加速度センサーを搭載したリストバンドで、時刻、消費カロリー、歩数、歩行距離の表示がに対応。リチウムポリマーバッテリーを内蔵しており、約120分の充電で1週間利用できます(1日8時間の歩行運動の場合)。バンドの長さは14.0〜18.5ミリのSサイズと16.5〜22.0ミリのLサイズの2種類があり、サイズは20(幅)×233(高さ)×10(奥行き)ミリ、重さは約22グラム(Sサイズ)。

Lifesense Lifesenseヘルスケアバンド

 Lifesenseうす型手首式血圧計は、60回分の測定値が記憶できるBluetooth対応の血圧計です。リチウムイオンバッテリーで動作します。測定範囲は0〜300mmHg、脈拍数は40〜199拍/分。手首は最小13.5ミリ、最長21.5ミリ。サイズは79(幅)×73(長さ)×13(奥行き)ミリ、重さはバッテリー込みで110グラム。

Lifesense Lifesenseうす型手首式血圧計

 iOSのヘルスケアアプリに対応するアプリやサービスも増えつつありますが、体重、歩数、血圧を手軽に一括管理したいなら、こうしたオールインワンの製品を利用してもいいかもしれません。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう