まとめ
» 2014年12月05日 06時45分 UPDATE

提案! 大きなiPhone6 Plusを安心して携帯するいくつかの持ち方

多くの人が悩んでいる、新型iPhoneの持ち方問題。まだ試行錯誤の段階だが、「使える」アイテムは登場している。編集部が実際に試して満足した「提案」をご紹介しよう。

[flick!特別編集「iPhone6便利帳 266」,ITmedia]
ts_iPhone6.jpg

 5sと比べ、ひと回りもふた回りも大きくなった新型iPhone。またさらに薄くなり「どう持つか?」ということが問題になっている。現在、新型iPhoneが発売されてまだ2カ月ほど。持ち方に関する明確な答えは出ていないが、ガジェットメーカーからはその問題を解消してくれるアイテムが発売され始めている。問題は携帯時と使用時になる。編集部でも試した、新型iPhoneをしっかり安全に持つことができるアイテムをご紹介しよう。

本記事は、エイ出版社刊・flick!特別編集『iPhone6便利帳 266』から一部抜粋、編集、転載しています。

貼って使える簡易ホルダー「Fantouch-U」

ts_iPhone6_a1.jpgts_iPhone6_a2.jpg

 中央部分を押すとフックが起ち上がる。指をかけて持てば安定感アップ。携帯時は薄くまっすぐになるので邪魔にならない。(販売元:Fantastick、378円)

リングに指を通してしっかり持つ「バンカーリング」

ts_iPhone6_b1.jpgts_iPhone6_b2.jpg

 何度も脱着可能な金属製のリング。しっかり指を通せるので、ホールド感も高い。リングはスタンドにもなる。カラーバリエーションも豊富だ。(販売元:サンワサプライ、1944円)

本革製でビジネスシーンにもマッチ「TOTTE」

ts_iPhone6_c1.jpgts_iPhone6_c2.jpg

 iPhoneに指を通せる把っ手ができる。携帯時は薄くなる。本革製なので、スーツ姿で使っても違和がないのもポイントだ。(販売元:バード電子、3564円)

ストラップで携帯性もアップ! 「薄型フリップケース」

ts_iPhone6_d.jpg

 ガラケーの時代から人気のストラップ。手首にかけておけば、操作時も携帯時もiPhoneを落とす心配が少ない。(販売元:Simplism、3672円)

簡単だけど効果絶大なストラップ「フィンガーリングストラップ」

ts_iPhone6_e.jpg

 指を1本通せるストラップ。小さなパーツだが、安定感はかなり向上する。ポケットから取り出す時も便利。(販売元:Deff、2181円)

たすき掛けで軽快に持ち歩く「HOLD TUBE WIDE」

ts_iPhone6_f1.jpgts_iPhone6_f2.jpg

 チューブ状のバッグ。たすきがけ可能で、大きなiPhone 6 Plusでも、しっかり身体に密着して持ち歩くことができる。(販売元:HOLDTUBE、4320円)

腹巻き状に持てば、気にならない「WRINKLE」

ts_iPhone6_g.jpg

 同じくチューブ状のバッグ。お腹周りに取り付ける。服装が変わっても同じように携帯できるのがポイント。スタイラスペンなどもいっしょに持ち運ぶことができる。(販売元:HOLDTUBE、4320円)

大型iPhoneを独自のスタイルで持つ「iPhone Spinn Case」

ts_iPhone6_h.jpg

 背面のクリップでズボンのベルトに装着するホルダー。フルグレイレザーでビンテージ感を楽しむこともできる。(販売元:OneMe Store、8500円)

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう