連載
» 2014年11月26日 11時00分 UPDATE

やせる(?)アプリ、試します:月額990円、本気のダイエットアプリ「Noomコーチ」の効果はいかほどか?(1)

今回から約1カ月「Noomコーチ」というアプリを使い続ける。「ユーザー平均マイナス5キロ減量」という実績も伴った“本気”のダイエットアプリだが、サボらず続けられるのか?

[小林誠,ITmedia]

 前回までは一週間に1本、ダイエットアプリを試してきたが、「もっと使い続ければ効果が出るのでは?」と思うこともしばしば。だが今回の「Noomコーチ」は全4回=4週使い続ける。これなら効果が出る……はず。しかも今回試すのは月額990円の「Pro版」だ。無料版との違いも紹介しつつ、まずは1週目の結果を見てほしい。

Pro版は機能が多過ぎ! しかし無料版より長続きするかも……

 本アプリはニューヨーク発。同社の資料によれば世界で1200万人がダウンロードし、ユーザー平均で5キロの減量に成功、Proユーザーの42%が2年後も利用し続けているという。「42%」というのがいかにも現実的に思える数字だ。

 筆者自身、「Noomコーチ」自体は体重管理アプリとして当ITmedia REVIEWで紹介し、無料版を3カ月使い続けた経験もあり効果は感じていた。ただスマホをリセットした際に消してしまい、あとは再インストールすることなくズルズルと……。

 その後、日本法人の本格的な展開、アプリのアップデートもあり、今回改めて一週間無料版を使ったうえで、有料のPro版に移行してみた。

 そのPro版をさらに一週間使ったうえでの印象は以下の通り。次回以降印象が変わる可能性もある。

良い点

  • 飽きない
  • 毎日役立つコラムが読める
  • 食事の記録が簡単
  • 他のアプリと併用しやすい

悪い点

  • 設定が多過ぎる
  • 体重管理の通知がない
  • グループ機能は一週間後

 無料版でも食事と体重管理ができるので、シンプルに使いたいのならそのままでいいはず。しかし記録するだけのルーチンワークになり飽きがち。

 一方Pro版は機能も情報も充実しているので、少なくともすぐに飽きることはない。もっともそれゆえに「設定の多さ」がハードルを上げている。設問の多いアンケートに答える、コラムを読み、食事、運動(歩数計搭載)、体重、ウエストの記録を行い、Facebook連携、日誌作成、グループ機能への登録、とフルに使うと試す事が多過ぎる。

ts_noom01.jpgts_noom02.jpg (左)無料版では一部機能がロックされている。(右)Pro版はすべての機能が使える一方で、いきなりすべてを使いこなすのは大変そうだ

 それでもステータスバーへの「通知」があれば、機能に気付き試すキッカケになるのだが、食事以外の通知がない(運動はリマインダー機能があるものの手動設定が必要)。そのため特に体重とウエストの記録忘れが多い。

 またPro版の機能として「グループ機能」という匿名のグループでコメント交換ができる機能がある。使い始めると他のユーザーとやりとりが発生し、モチベーションを維持するのに役立つが、これまたアンケートがあり、しかも最適なグループ設定をするため一週間待たされる。若干やる気に水を差された気分だ。

 もっとも「役立つコラム」は毎日更新し、こちらでやる気がアップ。海外の情報を翻訳したものだが、根拠を明記しているので説得力があり、読了の有無、コラムの内容を試したかの確認項目もある。コラムで何かを勧めている場合も「声に出して読もう」「10分散歩しよう」「○○を食べよう」といった手軽なものが多く、チャレンジしやすい。

ts_noom03.jpgts_noom04.jpg (左)コラムは1ページのみ。すぐ読み終わる。最後に内容の実行、確認の回答項目がある。(右)食事はカロリーと色分けで管理する

 食事の管理では、食品・料理名をキーワード入力するだけでカロリーを記録できる。また食事の内容を赤黄緑に色分けし、特に「緑(カロリーの少ない果物、野菜、全粒粉、無脂肪、豆類)」の食物が多いと良い、という分かりやすい指標も便利だ。ただしこれらは無料版でも同じ。

 また他のエクササイズアプリと一緒に使いやすい。筆者は前回の「トレーニング・クロニクル」の続きが気になり、いまだ使い続けているのだが、このアプリは運動の履歴が残せない。しかしNoomの運動トラッキング機能を起動しておけば記録ができる。

 Android版なら「GoogleFit」、iOS版ならiPhoneのヘルスケア機能とも連携し、データをそれぞれで使いたい人にも良さそうだ。

 もっとも1週目はこれら機能を確認して試すのが中心。本格的に使うことはなく、コラムを読むこと、食事の記録が中心。運動となると軽いウォーキングや「トレーニング・クロニクル」の続きくらい。しかしちょうど筆者は宅配食でダイエットする連載もしており、その効果もあってやせつつある。

ts_noom05.jpgts_noom06.jpg (左)Pro版開始初日。(右)1週間後。ちょっと脇腹のへこみが見えてきた。また腰のあたりの肉が減っており、実は連載前よりベルトの穴が2つも減っている。ただ鍛えられてはいない……

 次週も引き続き、Noomコーチを使ってみて気付いた点などをレポートしていく予定だ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう