連載
» 2014年11月06日 06時45分 UPDATE

やせる(?)アプリ、試します:最もラクなエクササイズ? iOSアプリ「3分フィットネス」を試す

アプリを使って身体を引き締めて筋肉をつけ、健康に痩せる。そんなことが可能なのか? サボり気味の筆者は非常に「ラク」なアプリを試してみることに。長続きはしそうだが効果は?

[小林誠,ITmedia]

 筋トレやエクササイズといった健康関連のアプリを使い続けているが、今回で3本目。前回は「7分間エクササイズ」で、「7分は長い、やる気がしない」という筆者のダイエットへの意識の低さを露呈したが、ではもっと短ければやる気が湧くのでは? そこで見つけたのが「3分フィットネス」というアプリ。これなら簡単! と思ったのだがそれはそれで問題があるようで。情けない結果をご覧あれ……。

3分は短すぎて効果が無い!? 長続きはしそうだが……

 恐らくここまで簡単なトレーニングのアプリは無い。なにしろ「3分」である。テレビのCM中に、カップラーメンを作っている間にできてしまう――というのは、実際には言い過ぎだが、とにかく簡単で、どんなやる気の無い人間でも毎日続けられそうなアプリだ。そしてその「簡単」であることが最大のデメリットでもある……。

良い点

  • 3分と短い
  • インターバル(休憩)が20秒と長い
  • 難易度、部位別で調整可能
  • 熱い男性の声が面白い

悪い点

  • 簡単すぎて効果が見えない
  • 1日に1度しか記録できない

 この「悪い点」の「効果が見えない」、そして記事の最後に入れた筆者のいつもの腹の写真がすべてを物語っている。「3分」と短いから簡単にトレーニングはこなせる。はっきり言って「ラク」だ。だがラクということは身体に負荷がかかっていない、運動になっていない、鍛えることになっていない、という本末転倒な結果となってしまった。

 まったく身体に変化が無いし(むしろ太ってきた?)、身体のどの部分にも筋肉痛はほとんど無い。本人としても一週間を終えて「まるで成長していない……」とスラムダンクの安西先生のセリフを思い出すほどの虚しさを感じている。

ts_diet01.jpgts_diet02.jpg (左)初期設定の画面。セット数、レベル、部位を選べるが、課金で解除が必要。ただし紹介された無料アプリをインストールしても解除できる。(右)休憩中の時間が20秒と長いのがとくに良かった

 だがこのアプリ、使い方によっては身体にもっと負荷をかけられるし、設定も良く、長続きしそうなアプリでもあるのだ。

 まずトレーニング間の「インターバル(休憩)」が長い点。これは設定で変更できるのだが、前回は10秒、前々回は3秒と急かされて運動をしていた。

 それが20秒だと落ち着いて、ひとつひとつのトレーニングができる。ただしこのせいで「3分」では実際には終わらないことになるが、運動していてそれが気になることはない。

 次に「難易度」別のトレーニングができる点。これは有料課金なのだが、指定のアプリをインストールすることで無料で利用できる。

 初期設定の「easy」ではトレーニングとは言っても「ストレッチ」という意味合いが強く、「身体が硬いなあ」とは感じてもキツくはない。これまでの2本のアプリと違い、「犬のポーズ」とか「らくだのポーズ」など、ある姿勢で「じっとしている」、激しく動かないトレーニングが多いのだ。

 だが難易度を「normal」「hard」「very hard」にすることでキツイ、負荷が強いトレーニングが可能だ。

 また最大10セットのトレーニングも可能。同じトレーニングの繰り返しだが、やはり簡単なトレーニングでも2セット、3セットと行えば少しは身体に負荷がかかり、火照ってくる(とはいえ汗をかくほどではないが)。

ts_diet03.jpgts_diet04.jpg (左)1日に何度もトレーニングをすると「やり直し」でデータ削除……解せぬ。(右)ちょっと面白いポーズをトレーニングに採用している

 また部位別で「全身」「上半身」「下半身」と選択してトレーニングができるのも、トレーニング内容が違うので人によって鍛えたいところを強化でき、長続きもしやすい。

 そして前回筆者が「7分間エクササイズ」でイラッと感じた「音声」だが、今回は無駄に熱い感じの男性の声で、これはイライラよりも笑ってしまう(トレーニングがキツくないので余裕があるせいかも)。

 ただしここでやる気を増しても、水を差すのがトレーニングの記録機能だ。カレンダーに記録されるのだが、このアプリなぜか1日に1度しか記録ができない。たとえば朝と夜にトレーニングをすると、朝の記録を取り消してから夜の記録に修正される。やはりこういう記録は「積み重ね」を実感したい。ぜひいずれ追加してほしい。

 もっとも本気でダイエットをしているのなら、記録が取り消されるからといってサボる理由にはならないのだが……だが、サボる理由にしてしまうのが低意識なダイエッターなのである。

 そんなわけで3本目にしてトレーニングは「短すぎてもダメ」という当たり前の結論が出た。7分もダメ、3分もダメ、次のアプリはどうすれば!? そう悩みながら次週のトレーニングにこれから入る。前途は未だ多難だ。

ts_diet05.jpgts_diet06.jpg 毎度毎度気持ち悪いと思うが、(左)初日の腹、(右)一週間後の腹。正直、まったく鍛えられているように見えない。心なしか腹のたるみが増している気がする……

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう