まとめ
» 2014年10月15日 06時45分 UPDATE

英語の勉強にも:世界はアイデアで満ちている! ビビッとクリエイティビティを注入してくれる海外サイト5選

「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」――アイデアに満ちた世界のサイトを見て、自分の気持ちを高めてみよう。

[宮本裕人,ITmedia]
ymiyamoto_profile.jpg

 「アイデアとは既存の要素の新しい組み合わせ以外の何ものでもない」とかつてジェームズ・W・ヤングが言ったように、新しいことを思いつくためにはたくさんのおもしろいことを知っていなきゃいけないのだと思う。世界はアイデアで満ちている。地球上のおもしろいことを日々チェックしていたら、クリエイティブにもなれそうだ。

Fast Company

ts_creative01.jpg

 「ビジネス+イノベーション」をテーマに、ビジネスの世界を変えるテクノロジーやデザインを紹介しているFast Company。毎年発表している「最もクリエイティブなビジネスパーソン100人」がいつも楽しみ。ウェブだけでなく紙の雑誌も発行しており、2014年のマガジン・オブ・ザ・イヤーを獲得している。

Mashable

ts_creative02.jpg

 テック系やデジタル系の話題ならMashableだ。IT企業の最新動向はもちろん、ソーシャルメディアやアプリに関する情報をいち早くチェックできる。現在Twitterのフォロワー数450万、Facebookのいいね!数約300万というこの巨大メディアも、始まりは当時19歳の創業者ピート・カシュモアの個人ブログだったというから驚きだ。過去にはクラウト社の調査で、「最も影響力のある情報発信源」に選ばれたこともある。

psfk

ts_creative03.jpg

 「live, work, play better」がタグラインのpsfkは、テクノロジーやデザイン、アートに関する未来をちょっと良くするようなアイデアを紹介するサイト。TEDのようなイノベーターによるトークイベントも毎年開いており、その動画もサイトから見ることができる。ちなみにpsfkとは創業者の名前(Piers Fawkes)にちなんだもの。

Springwise

ts_creative04.jpg

 世界150カ国にいる“Springspotters”(寄稿者)から、ユニークでイノベーティブなアイデアを集めて紹介しているSpringwise。1日3つと記事数は多くはないけれど、紹介される事例はどれもわくわくするものばかりだ。クリエイティブなアイデアで社会の問題を解決する、そんなソーシャルデザインの事例が多い。

DesignTAXI

ts_creative05.jpg

 写真やイラストなどのアート、デザインやカルチャー系のトピックに強いDesignTAXI。他にも思わず笑ってしまうようなユーモアあふれる動画やプロモーションまで扱っているので、いい雑談のネタになるかも。インフォグラフィックをたくさん紹介しているのもうれしい。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう