まとめ
» 2014年10月03日 07時00分 UPDATE

アナログ派にこそ教えたい:iPhone 6でも使いたい「定番カレンダーアプリ」5選

大事な予定を忘れない、サクサクと予定を追加、変更、管理したい。ズボラで怠け者な筆者でも定番カレンダーアプリは外せない。iPhone 6でスマートな予定管理を始めよう。

[小林誠,ITmedia]
mkobayashi_profile.jpg

 筆者は予定管理はずっとアナログ派。スマホを使っていても手書きの手帳を手放せないほど保守的だった。しかしいつの間にか予定は全部スマホの中へ……。ええ、超便利。だがiPhoneをはじめスマホに最初から内蔵されているカレンダーはシンプル過ぎる。ちょっとした表示の工夫、機能の追加、設定の変更ができる定番アプリは手放せない。定番5本をまず試そう!

<関連記事>

1位:カレンダーアプリといえば「ジョルテ」が真っ先に浮かぶ!

ts_calendar01.jpgts_calendar02.jpg

 長くデザインはほとんど変わること無く、タスクリストが同時に確認できる、今ではよくあるデザインだが、その先駆的アプリ。多数の情報を付加できるイベントカレンダーの存在が便利。上に掲載した画像ではGoogleカレンダーと同期させ、天気予報やゴミの収集日、ニュースなどの情報も加え、フォントは筆者の好みで「うずらフォント」を使ってみた。

2位:初心者から過密日程の人まで「Lifebear」にお任せ

ts_calendar03.jpgts_calendar04.jpg

 登場時はここまで人気が出るとは思わなかった。しかしタスクリストやノート機能を搭載し、これ1本で予定管理と備忘録をこなせるからラク。カレンダーの表示レイアウトも分かりやすい。有料のプレミアムプランを使うと予定の検索やパスコードロックが可能で、多忙で極秘の予定もある、というエグゼクティブなあなたにふさわしい、はず。

3位:「さいすけ」はカレンダーを細かくカスタマイズする人に向く

ts_calendar05.jpgts_calendar06.jpg

 スマホがまだガジェット好きのものだった頃から提供されている長い歴史のあるアプリ。有料版1000円は勇気がいるので無料版や他のアプリを試してから検討したい。設定が豊富で、細かいカスタマイズが可能だから、不満を解消できるかも。フォントのサイズ、ボタンサイズ、ボタンの間隔まで変更できるのはすごい。他のカレンダーで「もうちょっとこう」というときにぜひ。

4位:スタンプを貼って予定追加完了! 「ペタットカレンダー」

ts_calendar07.jpgts_calendar08.jpg

 きちっとしたスケジュール管理というよりも、手軽に大体予定が把握できればいいよね、という人に向く。なにしろスタンプをペタペタ貼るだけで予定管理ができてしまうのだ。そのスタンプの種類も豊富。もちろん文字を入力して予定を追加したり、アラーム通知を使うことも可能。操作が面倒くさくないので、スケジュール管理が苦手な人にも良さそう。

5位:「くるまきカレンダー」の縦スクロールは衝撃だった

ts_calendar09.jpgts_calendar10.jpg

 月単位で予定の表示がプツプツ途切れるデザインではなく、縦スクロールで自在に数週間の予定を確認できるのが特長。今でこそLifebearなども縦スクロールだが、当初はこのタイプのカレンダーはコレだけだった。なお画面上に当日の予定が表示される。シンプルなので使い方に迷うことも無く、機能よりも見やすさ重視の人に最適だ。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事