まとめ
» 2014年10月02日 07時00分 UPDATE

iOS 8でも動きます:iPhone 6でも使いたい「Officeアプリ」の定番5選

iOSでは一長一短あって選ぶのが難しいOfficeアプリ。無料のiWorkをまず使う人が多いだろうが、それで満足できなかったら? Word、Excel、パワポで定番アプリを試してみた。

[小林誠,ITmedia]
mkobayashi_profile.jpg

 Officeアプリは定番モノでも厄介だ。レイアウトが崩れた、編集ができないといったことがいまだにある。今回はテンプレートや某日本企業から筆者が受け取ったプレスリリースを参考にWord、Excel、パワポの書類をメールに添付し、そこから開き編集する、というよくある操作を行い順位付け。強いのはやはり今回もあのアプリ群だった(iPhone 5s&iOS 8.0.2で動作確認)。

1位:「Pages」「Numbers」「Keynote」のiWork御三家はやはり安心

ts_office01.jpgts_office02.jpg

 iWorkと呼ばれるアップル純正のOfficeアプリは、新機種を購入した人はApp Storeから無料でインストールできるからiPhone 6を買った人はほとんど当てはまるだろう。MS Officeのファイルを開くとレイアウト崩れがあるものの、グラフも含めて修正操作や編集しやすいのが◎。ただKeynoteとパワポは違うアニメーションになるので注意だが、それも修正できるのは◎。

2位:iWorkがダメなときの本命は「Polaris Office」

ts_office03.jpgts_office04.jpg

 こちらは無料だが、有料の「5」もあり、どちらも定番だ。ただ5は高価なので、初めてなら無料版から。Excelの計算、グラフ連動・編集、3位と同じくパワポの資料に書き込みをしたり、と無料でも十分。しかしExcelのグラフに文字化け・崩れがあり、保存するWebストレージも当初は100Mバイトしかないので、頻繁に使うのなら月額制か、より機能が多くアプリに保存できる5へ。

3位:パワポでプレゼンが多い人に「KINGSOFT Office」

ts_office05.jpgts_office06.jpg

 3本のファイルともレイアウト崩れが無く、今回のテストではもっともキレイに表示ができた。ただ表とグラフが連動はしているのだが表を編集するとグラフが不正確に表示され、関数計算もできない。一方、パワポの書類に手書きで書き込みをする機能があり、これはプレゼン時に便利ではないだろうか。DLNAとAirPlayに対応した無線投影機能もあり、パワポをよく使う人には試してほしい1本。

4位:「Office Mobile」はOneDriveのユーザーだけが使う?

ts_office07.jpgts_office08.jpg

 本家だから1位をとってほしいのだが、iOSアプリでは制約が多いので順位を下げた。MSアカウントでのサインインが無いと保存できず(反面OneDriveとの連携は便利だが)、MS Officeの形式が2003-07年版では編集不可。他のアプリでは対応しているので本家がこれでは辛いところ。またWordは縦画面で元データとレイアウトが変わるのも賛否両論ありそう(横画面にすればOKだが)。

5位:「SmartOffice 2」は歴史のあるアプリだがコスパはいまひとつ

ts_office09.jpgts_office10.jpg

 iWorkが高価だった時期に安価なOfficeアプリがいくつもあったが、その代表の1本。ただ無料アプリが豊富な今は高価なアプリになってしまい、Excelの編集は関数計算に対応していないし、Wordではレイアウト崩れもあり、1000円出してこれは厳しい。サクッと複数のファイルを確認するのには便利なので、昔購入した人が再インストールして使うのなら良い。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.