レビュー
» 2014年10月01日 12時00分 UPDATE

今のところこれで安定:動画で見る「iPhone 6 Plus」の正しい持ち方

大きくて重い「iPhone 6 Plus」ですが、今のところまだ落としていません。

[園部修,ITmedia]

 発売以来、その大きさが想像以上だったのか、「でかすぎる」「持ちにくい」「扱いにくい」などといわれている「iPhone 6 Plus」。落としてもいいようにケースを付けたり、アクセサリーで解決を図ったりしている人もいるようですが、しばらく使ってみて、だいぶ安定して保持できる握り方が分かってきました。

 ポイントは、人さし指と小指の場所です。人さし指を意識して背面の上の方に置き、小指と薬指でiPhone 6 Plusの右下の部分を軽く挟むような感じにするとだいぶ安定します。人さし指と小指で、iPhone 6 Plusが手の向こう側に回転して落ちるのを防ぎつつ、小指で下に落ちるのを防ぐわけです。

 親指でタップ操作を行うときに、上下にiPhone 6 Plusを動かすと、中指と薬指を緩めることになるため保持力が落ちます。iPhoneを落とすのは多くの場合このタイミングだと思いますが、人さし指と小指で思わぬ方向にiPhone 6 Plusが落ちるのを防ぎます。

os_ip6phold01.jpg
os_ip6phold02.jpg

Lightning - Micro USB on iPhone 6 Plus

 余談ですが、「Lightning - Micro USBアダプタ」をLightning端子に付けておけば、ここに小指が引っかけられますので、さらに安定します。見た目は格好悪いですが、Micro USBケーブルで充電ができるようにもなるので、ひそかにいい解決方法だと思っています。Lightning - Micro USBアダプタも、ここに付けてあればまずなくすことはないですし。ケースを付けるのが嫌な人はぜひ検討してみてください。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.