まとめ
» 2014年09月10日 13時15分 UPDATE

「iPhone 6」と「Apple Watch」に関するうわさの“答え合わせ”

事前にいろいろ騒がれていた「iPhone 6」に関するうわさはどれくらい正しかったのか、改めて確認してみました。

[園部修,ITmedia]

 日本時間の9月10日午前2時に始まったAppleの新製品発表会では、ほぼ事前のうわさ通り4.7型ディスプレイを採用した「iPhone 6」と5.5型のディスプレイを搭載する「iPhone 6 Plus」が発表されました。事前のうわさはどれくらい当たっていたのか、検証してみましょう。

iPhone 6

うわさ1:製品名は「iPhone 6」になる → ○

 発表直前にはもはや当たり前すぎて、誰もこれがうわさだとは思っていなかった節もありますが、次期iPhoneが「iPhone 6」という名前になるといううわさは適中していました。中には「iPhone 6 Air」「iPhone 6 Pro」になるのではといううわさもありましたが、これは外れ。一部米国のテクノロジーメディアでは「iPhone 6 Plus」という名称も出ていました。

うわさ2:4.7型と5.5型の2種類のiPhoneが出る → ○

iPhone 6

 主に中国方面からのリーク情報として、次期iPhoneには4.7型のディスプレイを採用するモデルと、5.5型ディスプレイを搭載するモデルがあるといううわさがありましたが、実際にiPhone 6が4.7型、iPhone 6 Plusが5.5型ディスプレイを搭載して登場しました。解像度の情報は、4.7型が1334×750ピクセル(326ppi)というのはうわさどおりでした。5.5型に関する情報は事前にはあまり出ていませんでしたが、フタを開けてみれば1920×1080ピクセル(401ppi)のフルHDという結果に。アプリの対応は大変そうですが、これまでより大きな画面を広く使えるようになります。

うわさ3:NFCを搭載する → ○

 iPhone 5sの頃から、iPhoneにNFCが搭載される可能性は取り沙汰されていましたが、iPhone 5sでは実現しませんでした。iPhone 6では、リーク情報などから決済系のサービスを始めそうなこと、NFCチップの具体的なメーカーと製品名が明らかになっていたことなどから、かなり確度が高い情報だとは言われていました。実際、iPhone 6ではNFCを搭載し、米国内ではAmerican Express、VISA、Master Cardの決済が可能になる見込みであることが発表されました。残念ながら日本での展開がどうなるかは現時点では未定です。またNFCを使ったBluetoothやWi-Fiの認証機能が利用できるかどうかも不明です。

うわさ4:発売日は9月19日 → ○

 9月9日に発表会が開催されることから、例年通りなら発売日は9月19日と予想されていましたが、その通りiPhone 6とiPhone 6 Plusは9月19日に発売になります。これは的中と言っていいでしょう。一部ではiPhone 6 Plusの発売は少し遅くなるのではないか、という観測もありましたが、NTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルから同時に発売予定のほか、Apple StoreではSIMロックフリー版も遅れずに9月19日から発売予定です。

うわさ5:「iWatch」が出る → ○

Apple Watch

 時計型のウェアラブルデバイス「iWatch」が出るというのが事前のうわさでしたが、発表会では“One more thing”として「Apple Watch」が発表されました。名前は微妙に違いましたが、「時計型」「四角い」「ベルトが替えられる」といったあたりはほぼうわさ通り。リーク情報恐るべしといったところ。またiPhone 6にサファイアガラスが採用されるといううわさがありましたが、サファイアガラスを採用するのはApple Watchの一部モデルでした。

うわさ6:iSightカメラは1300万画素になる → ×

 うわさ記事では掲載しませんでしたが、いくつかのメディアで、カメラの解像度が1300万画素になるとうわさされていました。しかし、結果的にはセンサーは新しくなったものの、画素数は800万画素のままでした。またうわさでは4K動画の撮影も可能になると言われていましたが、結果的には60fpsのフルHD動画の撮影までにとどまっています。とはいえ240fpsのスローモーション撮影やタイムラプス撮影を備えるなど機能は強化しており、発表会でもビデオ機能を強化した点がアピールされていました。

うわさ7:128Gバイト版が登場/32Gバイト版がなくなる → ○

 一部のメディアで、iPhone 6およびiPhone 6 Plusのストレージ容量に関する情報が紹介されていましたが、そこでは32Gバイト版がなくなるといううわさがありました。これはその通りで、ラインアップは16Gバイト、64Gバイト、128Gバイトの3モデルが発表されています。ちなみにiPhone 5sは64Gバイト版がなくなり、16Gバイト版と32Gバイト版が継続になるようです。iPhone 5cは8Gバイトモデルのみになります。


 さて、うわさの答え合わせ、いかがでしたでしょうか。一部細かなスペック部分で違いはあったものの、サイズや形状、デザインはほぼリーク情報の通りで、その点では大きな驚きは少なかったように思います。しかし、Apple Watchのデザインや機能は多くの人の想像を上回っていたのではないでしょうか。

 正確なiPhone 6/iPhone 6 Plus情報はこちらで確認できますので、ぜひご覧ください。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.