まとめ
» 2014年09月10日 09時00分 UPDATE

Appleが発表した「iPhone 6」「iOS 8」と「Apple Watch」まとめ

9月9日(現地時間)に開催されたAppleの新製品発表会で、「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」「Apple Watch」が披露された。iPhone 6はほぼ事前のうわさ通りの仕様で登場。そのほか関連の情報もまとめた。

[園部修,ITmedia]

 Appleが9月9日(現地時間)に開催した新製品発表会で、「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」と時計型のウェアラブルデバイス「Apple Watch」を発表した。iPhone 6とiPhone 6 Plusは、日本でも9月19日に発売予定。Apple Watchは2015年初頭に登場する見込みだ。関連情報を以下にまとめた。

SIMロックフリー版も発売される「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」

iPhone 6 and iPhone 6 Plus 「iPhone 6」(中央)と「iPhone 6 Plus」(右)

 iPhone 6は、ディスプレイが4.7型に大型化。解像度は1334×750ピクセル(326ppi)で、縦横比は「iPhone 5s」と同じ16:9だが、縦と横のピクセル数はこれまでの1.17倍になっている。サイズは67(幅)×138.1(高さ)×6.9(厚さ)ミリ。重さは129グラム。

 さらに大きな5.5型ディスプレイを採用するiPhone 6 Plusの解像度は1920×1080ピクセル(401ppi)で、こちらはフルHDと同等。iPhone 5s比では縦横のピクセル数は1.69倍に増える。サイズは77.8(幅)×158.1(高さ)×7.1(厚さ)ミリで、重さは172グラム。

 ストレージ容量は6、6 Plusとも16Gバイト、64Gバイト、128Gバイトの3モデルを用意した。CPUは最新型のApple A8で、気圧センサーなどを備えたM8コプロセッサも搭載。指紋認証デバイスTouch IDやNFCなども備える。カメラはどちらも約8Mピクセルと解像度は変わらないものの、センサーは新型になり、さらにiPhone 6 Plusは光学式手ブレ補正機能を採用した。画面の大型化にともなって、画面を2タップすると、画面全体を下部に表示させる機能も用意する。

 どちらも9月12日から予約を受け付け、9月19日に発売する。日本ではNTTドコモ、KDDI、ソフトバンクモバイルから発売予定で、SIMロックフリーモデルもApple Storeで販売予定だ。

独自UI搭載の腕時計型デバイス「Apple Watch」

Apple Watch Apple Watch

 かねてからうわさがあった腕時計型のウェアラブルデバイス「Apple Watch」(iWatchではなかった)は、2015年初頭と少し先に発売の予定。

 本体部分は、ステンレス合金のApple Watch、アルミニウムのApple Watch Sport、18金メッキのApple Watch Editionの3種があり、それぞれにカラーバリエーションがあるため、計6種から選択可能。本体のサイズは、縦が38ミリと42ミリの2種類がある。さらに、交換可能なバンドを多数用意するのが特徴で、本体とバンドの組み合わせで個性を演出できる。

 画面は曲面Retineディスプレイで、タッチ操作に対応。右側面にはホームキーと、「Digital Crown」と呼ばれる竜頭を用意した。Digital Crownを回すことで各種操作画でき、押し込むことでホーム画面に戻る。運動量や消費カロリーを計測したり、心拍数や脈拍数を測定する機能もある。サードパーティ製のアプリも今後リリースされる。決済システムApple Payにも対応する。

iOS 8は9月17日配信

 iPhone 6やiPhone 6 Plusに採用されるiOS 8は、既存のiPhone 5s、iPhone 5c、iPhone 5、iPhone 4s、iPod touch(第5世代)、iPad 2、iPad Retinaディスプレイモデル、iPad Air、iPad mini、iPad mini Retinaディスプレイモデルでも利用可能。無料のアップデートは9月17日に配信予定だ。

 ATOKやMazecといったサードパーティ製のIMEが利用可能になるなど、既存の機種でも受けられる恩恵は多い。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事