まとめ
» 2014年08月08日 14時06分 UPDATE

突然のゲリラ豪雨――通知が早いお天気アプリ・ベスト5(Android編)

iOS版に続きAndroidでも、ゲリラ豪雨をはじめとした天気の変化を通知してくれるアプリを紹介。天候の急変を少しでも先に気付き避ける、夏は常備したいアプリだ。

[小林誠,ITmedia]
mkobayashi_profile.jpg

 東は猛暑&雷雨、西は台風による大雨という時期に・iOS版に続いてAndroid版のゲリラ豪雨対策のアプリもチェックしている。Androidスマホの良いところは通知パネルが早くから用意されていて、各アプリがさまざまな通知の工夫をしている点。またウィジェットで天候を知らせる、というのもAndroidならでは。今回も各地で雷雨が発生した日に、それぞれの通知を確認した。

1位:通知パネルに1時間毎の天気が表示される「EZ天気予報」

mk_weather_an01.jpgmk_weather_an02.jpg

 なんだかauのアプリみたいで戸惑うが無関係。通知パネルに常時大まかな天気と気温を表示し、さらに1時間ごと4時間分、あるいは4日分の天気も表示するというのが見事。通知パネルを活用しまくっている。情報の更新間隔は最短で15分から。海外のアプリなので心配したが、情報自体は問題無し。ただ地域を細かく指定するのが難しい点は海外版の弱点。

2位:その名前に偽り無し! 雨量は1ミリから! 「ピンポイント雨量」

mk_weather_an03.jpgmk_weather_an04.jpg

 細かい地域の天気確認となると、やはり日本のアプリが有利。本アプリは現在地周辺で雨が1ミリ程度でも降る可能性があれば、通知パネルで教えてくれる。しかも5時間ほど前から分かるのが親切。ウィジェットも配置することができ、1×4のサイズの場合、1時間毎の天気の変化、気温、注意報・警報の表示と、狭いウィジェットに細かく情報を詰め込んでいる。

3位:ユーザーの天気報告で独自の通知「ウェザーニュースタッチ」

mk_weather_an05.jpgmk_weather_an06.jpg

 これは有名。さまざまな天気情報のチャンネルを用意し、そのなかに「ゲリラ雷雨Ch.」がある。スマートアラーム設定を有効にすることで、ゲリラ雷雨は30分前から通知。ちょっと遅い気もするが現在地に近付いたときの通知なので問題なく、通常の雷、竜巻、警報などは別に通知してくれる。ユーザーの情報も活用し、分かりやすい天気の見せ方はさすが。

4位:細かいカスタマイズはお任せ「お天気ナビゲータ」の各アプリ

mk_weather_an07.jpgmk_weather_an08.jpg

 天気アプリが多過ぎてまとめてくれぇ、とiOS版でも触れた「お天気ナビゲータ」のアプリ。Android版も各種アラートアプリと、PRO版(月99円)があり迷うが、「雨降り/雷/アラート」のPRO版が有力候補。試用期間もある。通知時間、通知レベルを選べるほか、更新間隔を10分からにできるなど、細かいカスタマイズが魅力だ。

5位:大胆! 「アメダスウィジェット」は天気図がそのまんまホーム画面

mk_weather_an09.jpgmk_weather_an10.jpg

 本アプリの場合、通知パネルに天気情報は表示されず、アラートにはならないのだが、ホーム画面に大きな天気ウィジェットを貼れる。日本列島の地図に、天気図や気象衛星、雨量予測、雷の情報などが表示され、画面を見れば絶対に天気の情報が分かる大胆な使い方が可能となる。もっと細かい地域指定ができればさらにうれしいのだが。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事