まとめ
» 2014年08月05日 14時18分 UPDATE

これで大漁間違いなし!? 魚釣りに便利なAndroidアプリ5選

海に行きました? 魚釣りをしたくなりません? だけど釣りはしたことがないし、やっても釣れないし……そんなあなたに釣り好きライターが便利なアプリをご紹介!

[小林誠,ITmedia]
mkobayashi_profile.jpg

 小学生の頃から魚釣りが好きな筆者だが、今では釣り竿とともにスマホの携帯も欠かせない。釣った魚の写真を撮るのに活躍する(しないこともあるが……)だけでなく、釣り場選び、釣り方のヒントに役立つアプリが意外とある。名人クラスはもちろん、子どもにせがまれた親御さん、あるいは釣りゲーから本物の釣りへ、という人まで使ってほしい5本を選んだ。

1位:海釣りには欠かせない、磯遊びにも便利な「しおどき」

mk_fishing01.jpgmk_fishing02.jpg

 海では潮の干満(潮汐)で海面の高さや、潮流が大きく変わり、魚の動きやポイントも当然変わる。そこで釣り人必携なのが潮汐表・潮見表・タイドグラフ。様々なアプリがあるなか、最新かつ全国の情報を無料で配信しているのが本アプリ。潮の動き、釣りに良い時間、日出/日没もひと目で分かる。磯遊びや潮干狩りで潮が引いている時間帯の確認にも便利。

2位:「釣魂」ならこのへんで何が釣れるの? という疑問にすぐ回答!

mk_fishing03.jpgmk_fishing04.jpg

 初めての釣り場で、どんな魚が釣れるのかさっぱりわからん、というときはこのアプリ。現在地情報や地図から、周辺の釣果報告を確認できる。これを見てから釣り場を決めてもいいし、釣具店で道具や餌をそろえるのにも参考になる。もちろん自分で釣果を報告し釣果日記を作ることも可能。魚の販売価格も表示できるのが面白い。図鑑付き。

3位:結び方を忘れた? 「フィッシングノット Lite」があればOK

mk_fishing05.jpgmk_fishing06.jpg

 釣りで必ず発生するのが糸結び。ハリと糸、糸同士、仕掛けや竿先、リールといった具合に糸の結び方はそれぞれ違う。家で練習しても釣り場に来たら忘れた……なんて場合もこのアプリを見れば大丈夫。イラストで結ぶ手順を表示し、英語版だがほぼ英文無しの分かりやすさ。結束強度も表示されているので上級者の参考にもなる。ただし広告が少し邪魔。

4位:ペットボトルがあれば魚の長さが分かる「釣りメジャー」

mk_fishing07.jpgmk_fishing08.jpg

 大物でなくとも魚の大きさは気になるもの。このアプリがあればメジャーや定規が無くても、ペットボトルだけで計測が可能。ペットボトルと魚を並べて撮影し、それぞれの長さを画面で指定、魚の長さを算出してくれる。手が濡れるとタッチの反応が悪く、完璧に正確とはいかないが、サイズの計測と撮影がアプリ1つでできるのはお見事!

5位:こんな釣果検索が全国に広まってほしい「フィッシングマックス」

mk_fishing09.jpgmk_fishing10.jpg

 近畿周辺をカバーする釣具店「フィッシングマックス」のアプリ。筆者は関東周辺でしか釣りはしないが、このアプリの釣果検索が魚種、釣り方、店舗、エリア(釣り場)別で細かくて秀逸。釣果報告を見ると、お客さんだけでなく、スタッフが釣り場を巡回し詳しい釣り方を掲載。狙う魚によっては全国の釣り人にも参考になるはず!

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう