まとめ
» 2014年07月28日 13時30分 UPDATE

iPhone 5/5sユーザーは持っておくべき、便利なLightningケーブル5選

いざというときに1つ持っておきたいですね。特にキーチェーンタイプは便利。

[園部修,ITmedia]
プロフィール

 iPhone 5/5sなどの、Appleの最新スマートデバイスが採用するLightningコネクタに対応したケーブルは、純正のものは50センチ、1メートル、2メートルの3種しか用意されていません。普段持ち歩くには、50センチでもちょっと長いという人も少なくないでしょう。そんな人にお勧めしたいのが、ここで紹介する小さくて便利なLightning対応ケーブル。持ち歩くための工夫も凝らされています。

1位:ChargeKey(NOMAD)

ChargeKey

 柔軟性のある樹脂製の本体の先端部分にUSB端子、鍵の頭にあたる部分に45度の角度でLightning端子を備えた製品。本体はかなりのねじれにも対応できます。全長は7センチほどで、端子はむき出し。メーカーのNOMADのサイトでは、改良版の「NomadKey」が発表されていますが、出荷は11月末の予定。機能的にはほぼ同じものです。価格は3000円弱(税込)と安くはないものの、常に持ち歩ける安心感があります。Micro USB版もあるほか、カード型、カラビナ型も。MFI認証あり。

2位:Kii(Bluelounge)

Kii

 USB端子とLightning端子を備えた長さ5センチほどのケーブルに、鍵の頭の部分のようなアルミダイキャスト製のLightning端子カバーを組み合わせた製品です。LIghtning端子カバーはロック機構が用意されていて、ケーブルだけ脱落してしまう心配はありません。ケーブル部分はゴム素材。家の鍵などと一緒にキーホルダーに付けて持ち歩けます。国内ではトリニティなどが扱っていて、比較的入手もしやすいです。ただし価格は5000円前後(税込)と少々高め。MFI認証を取得しています。Micro USB版もあります。

3位:NOMAD CABLE(KERO)

NOMAD CABLE

 KERO(キーロ)のUSB-Lightningケーブル。全長は10センチ弱。USB端子側に、キーリングなどに付けるためのカバーを装着します。カバー部分にはロック機構を用意し、抜け落ちも防止。MFI認証を取っているのも安心できますね。カラーはホワイトのほか、鮮やかなブルーも選べるのが魅力。MFI認証を取得しているうえ、価格も1000円台の後半(税込)と手ごろです。Micro USBタイプも用意しています。

4位:Lightningケーブル 巻き取り(synaps)

synaps

 synapsブランドでさまざまなアクセサリを展開するグローバルコネクションの巻き取り式Lightningケーブル。巻き取り式のケーブルは数多く出ていますが、この製品が優れているのは60センチ、45センチ、30センチで固定できる点。また巻き取り部分がフラットなこと、白、黄色、緑、ピンク、青と見た目のきれいな色を採用していることも特徴です。もちろんMFI認証を取得しています。価格は2000円前後(税込)。

5位:Lightning - Micro USBアダプタ(Apple)

Lightning - Micro USBアダプタ

 何を今さら、と思うかもしれませんが、実はAppleも純正品でMicro USB端子とLightning端子を変換するアダプターを販売しています。価格は2000円強(税込)。非常に小さく、なくしてしまいそうなのが難点ですが、Micro USBケーブルは選択肢が多いので、使いやすいものとこのアダプタを組み合わせるという手もあります。AndroidスマホとiPhoneの2台持ちの人にもお勧めです。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう