まとめ
» 2014年07月23日 15時00分 UPDATE

意外と知らないSkypeチャットのTips5選

[杉本吏,ITmedia]
tsugimoto.jpg

 無料通話アプリとして知られているSkypeだが、IM(インスタントメッセージング)アプリ、いわゆるチャットアプリとして使っている人も多いだろう。知っておくと便利に使える、SkypeチャットのTips5選をお届けする。

1時間以内ならメッセージを修正&削除できる

ts_skype01.jpg

 長い間Skypeチャットを使っている人でも意外と知らないのが、自分の送信したメッセージを簡単に修正&削除できること。やり方はチャット画面上で自分の発言を右クリックして、「メッセージを編集」か「メッセージを削除」を選ぶだけだ。ちなみに直近の発言1つを修正するだけなら、矢印キーの[↑]を押すだけでも修正できる。ただし書き込み後一時間が経過すると編集も削除もできなくなるので、修正したい場合はお早めに。

豊富なチャットコマンドは[/help]だけ覚える

ts_skype02.jpg

 Skypeにはメッセージ欄に特定の命令を入力することでさまざまなタスクを実行できる「チャットコマンド」と呼ばれる機能がある。メッセージ通知を無効にする[/alertsoff]、チャットメンバーを強制退出させる[/kick]、自分のステータスを設定できる[/me]などだ。数多くあるチャットコマンドだが、そのすべてを表示できる[/help]さえ覚えておけば、必要なときにいつでも確認できる。

うるさいメッセージアラートを無効に

ts_skype03.jpg

 「自分とはあまり関係ないけど、なんとなくメンバーに登録されてしまった」というグループチャットは、たびたび届くアラートがけっこううるさいものだ。そんなときはチャットウィンドウ(Skype本体のウィンドウではなく、個別のチャットウィンドウだ)の[会話]−[通知設定]メニューからアラートをオフにできる。その際、特定の単語(例えば自分の名前)がメッセージ中に現れたときのみアラートしてくれる設定もあるので、うまく活用しよう。

「隠しエモーティコン」を使ってみる

ts_skype04.jpg

 Skypeのエモーティコン(emotion+icon。いわゆる絵文字)の中には、デフォルトのエモーティコンパレットには表示されない、「隠し扱い」のものが多くある。すべてのリストはSkypeの公式サポートページで確認できる。

プライバシー設定は事前に

ts_skype05.jpg

 時折知らない海外のユーザーから急に英語などで話しかけられることがある。よくよく内容を読んでみると、たいていはスパムまがいのメッセージだったりするものだ。こうしたわずらわしい出来事を避けるためにも、プライバシー設定は事前に確認しておきたい。連絡先リストに登録されているユーザーからのメッセージだけを受け取るように設定しておけば、無用なトラブルに対応する必要もなくなるはずだ。

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう