まとめ
» 2014年07月15日 14時08分 UPDATE

晩ご飯のおかずに迷ったら立ちあげたいレシピアプリ5選

カレーの味がみな違うように、レシピアプリもそれぞれ特長がある。レシピの数、カテゴリ分け、監修者の有無、付随される機能、さらにはポイント付きと差別化ポイントは多い。あなたに最適なレシピアプリはどれだ?

[小林誠,ITmedia]
mkobayashi_profile.jpg

 レシピアプリと言えば一般ユーザーの投稿を思い浮かべるが、今はプロのレシピも豊富で、節約や健康に配慮した料理に絞って探すことも可能になっている。解説もより丁寧に分かりやすく、ときには動画を使っての説明や買い物メモがあるなど、料理の手順確認だけに留まらない便利さがウリ。献立に悩むことも無くなるはず!

レシピの王者「クックパッド」有料プレミアムサービスも価値◎

 一般ユーザーの豊富なレシピを食材などのキーワードで検索可能。最近は近所の特売情報まで配信。無料でも使えるが、月280円(税抜)のプレミアムサービスに登録すると、専門家による美容・ダイエット向け、働くママ向けといったカテゴリ別のレシピ、管理栄養士の献立、1000人以上が作った殿堂入りレシピをチェックできる。

mk_recipe01.jpgmk_recipe02.jpg

毎日の料理に悩んだらキッコーマンの「今日の献立」にお任せ

 一日三食料理を作らないと、という人に向いているのがこのアプリ。三週間分の料理を「旬の料理」「食材」」「料理」から探し、献立表に追加していくだけ。そのまま食材を「買い物メモ」に登録でき、人数による分量変更も簡単だ。登録後はチェックリストになっているので、間違って買い過ぎたり買い忘れたりすることも無い。

mk_recipe03.jpgmk_recipe04.jpg

料理を作ってポイントを稼げる!「楽天レシピ」

 節約料理に興味がある人もいると思うが、節約だけでなく楽天ポイントまで稼げるのがこのアプリ。楽天会員であればレシピを投稿すると50ポイント、そのレシピを見て作った人もレポートを送ると10ポイント、さらにレポートが送られた人にも10ポイントが入るという嬉しい仕組み。アフィリエイトも可能で、美味しくお小遣い稼ぎが可能。

mk_recipe05.jpgmk_recipe06.jpg

「ネスレバランスレシピ」でシンプルにヘルシーな食事を!

 掲載されている1700以上のレシピは専門家が監修、安心して調理ができる。「種類」「食材」「条件」というシンプルな検索カテゴリを用意していて、分かりやすく、「シチュエーション」や「塩分」といった気分、健康を考えた条件検索も可能だ。「作り方」の確認では本体を横画面にするとチャートで手順が分かるという工夫もある。

mk_recipe07.jpgmk_recipe08.jpg
mk_recipe09.jpg

動画解説で調理の技術も覚えられる「料理サプリ」

  26人の料理人がおよそ10〜20品のレシピを紹介。「初級」「中級」「上級」と分かれ、とくに他社のサービスで避けられがちな時間のかかる「上級」レシピも手順で動画を使って丁寧に解説している。食材を買い物メモとして簡単に保存できる機能や、タイマー機能も搭載されており、本気で料理をしたい人にオススメ。

mk_recipe10.jpgmk_recipe11.jpg

Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう