まとめ
» 2014年07月10日 12時30分 UPDATE

とにかく小さくて軽い、でもちょっといいカメラが欲しい そんな人が買うべきデジタル一眼5選

レンズ交換ができるカメラでとにかく「軽くて」「小さい」モデルをご紹介。

[渡邊宏,ITmedia]
hwatanabe_profile.jpg

 外出先で快適に撮影するならカメラの重量も大切な要素。旅行なら重いカメラはNGだし、持ち出すのが面倒に感じたら、写真も撮らなくなってしまう。レンズ交換ができるカメラで「軽くて」「小さい」モデルをご紹介。

PENTAX Q10

hi_q10.jpg

 登場からやや時間が経過しているが、それでもレンズを交換できるカメラとしての最小・最軽量レベルをキープしている。画質的にはコンデジレベルと言わざるを得ず、交換レンズのバリエーションはさほど多くないが、一通りはそろっているのでスナップには最適。本体のカラバリも豊富だ。

DMC-GM1

hi_gm1.jpg

 ボディのみというただし書きがつくものの、現在の「世界最小」はこちら。センサーは上位機「GX7」と同様で、マイクロフォーサーズ規格準拠なので交換レンズの種類も豊富。付属ズームレンズは薄型で、バッグのなかでスペースを取らないのもうれしいところ。

EOS kiss X7

hi_kissx7.jpg

 デジタル一眼レフとしては世界最小最軽量(APS-Cサイズセンサー搭載機にて)なのが、この「EOS kiss X7」。上の2機種に比べると“一眼レフ”であるために大きくなるが、グリップもしっかりしていて、連写にも強い。動きの読めないお子さんを撮る、運動会でも使いたいなど考えるならこちらがオススメ。

Nikon 1 J4

hi_nikon1j4.jpg

 ボディサイズだけならば既存製品と大差ないが、こちらは薄型ズームレンズが付属しており、撮影時のサイズという意味ではこちらの方がコンパクト。オートフォーカスと連写が非常に高速なほか、連写した中からカメラがベストな1枚を選んでくれる機能もあり、サクサクと撮って楽しめる。

α5000

hi_alpha5000.jpg

 Wi-Fiとカメラアプリにも対応した、“世界最軽量”(発表時)のミラーレス一眼。レンズ込みで約370グラム。背面液晶を上に跳ね上げることで、自分撮りもできる。自分撮りにすると自動的にセルフタイマーが働くのも、旅行用としてはマル。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事