まとめ
» 2014年07月10日 17時03分 UPDATE

海のレジャーに持っていきたい防水デジカメ5選

ちょっとした磯遊びからシュノーケリングにダイビング、海に行くなら持っていくカメラは防水を選びたい。海のレジャーに適したデジカメをご紹介。

[渡邊宏,ITmedia]
hwatanabe_profile.jpg

 ちょっとした磯遊びからシュノーケリングにダイビング、海に行くなら持っていくカメラは防水を選びたい。海のレジャーに適したデジカメをご紹介。

STYLUS TG-3 Tough

hi_tg3tough.jpg

 タフネス系デジカメでは最高峰に位置する1台のひとつ。水深15メートルの防水性能はもちろん、25ミリ相当の広角でF2.0からの明るいレンズは、画角が狭まり、明るさを確保できない水中では強い味方になる。各種コンバーターレンズや耐水深を45メートルにするプロテクターなどオプションも豊富。

Nikon 1 AW1

hi_aw1.jpg

 レンズ交換式(ミラーレス)カメラで防水という唯一の製品。水中撮影用モードも備えており、防水は15メートル。対応レンズを組み合わせないと防水にならないが、いかにもアウトドアなデザインではなく、豊富なNikon 1レンズを使用できるので普段使いのミラーレスカメラとして選択するのもアリだ。

STYLUS TG-850 Tough

hi_tg850tough.jpg

 ダイビングショップでの定番、オリンパスTG-8xxシリーズの最新モデル。防水は10メートルと一般的な数値だが、21ミリからの広角レンズに自分撮りできる180度回転チルト液晶は水中でもさまざまな撮り方を可能にしてくれる。チルト液晶が不要ならTG-835という選択も。

DSC880DW

hi_880dw.jpg

 隠れたヒットモデル。人気の秘密は前面と背面、2つ用意された液晶ディスプレイで、水中での自分撮りが容易に行える。防水性能は水深3メートルなのでダイビングには不向きだが、乾電池で駆動し、実売8000円程度という低価格もうれしいところ。

PowerShot D30

hi_d30.jpg

 ハウジング(プロテクター)なしで水深25メートルまでの水圧に耐える、“世界最深”モデル。高い耐水性を持ち、GPSも搭載しながらもサイズはコンパクトかつ軽量なので、携行の邪魔にもならない。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事