まとめ
» 2014年07月09日 13時38分 UPDATE

デスク周りをすっきりさせる整理整頓グッズ5選

邪魔なケーブル整理から書類廃棄まで、デスク周りをすっきりきれいに整理整頓するグッズ5選を紹介する。

[杉本吏,ITmedia]
tsugimoto.jpg

 早いもので2014年も半年が過ぎた。ここらで一度普段の仕事環境を見直し、あらためて残り半年への準備を整えていこう。デスク周りをすっきりきれいに整理整頓するグッズ5選を紹介する。

見苦しいケーブル類を整理する

ts_signum.jpg

 IKEAの「SIGNUM」シリーズは、邪魔な電源コードやPCケーブルなどを整理できる収納グッズ。写真の「ケーブルオーガナイザー」(2047円/税込)はデスクの裏面に取りつけるタイプで、かさばるACアダプターなども収納できる。デスクや棚板に簡単にケーブル配線口を開けられる「SIGNUM ケーブル配線口キット」と一緒に使うのも良い。

「ジャバラ」で書類を収納

ts_javaringfile.jpg

 「JAVARING FILE」(ジャバリングファイル)は、デスク周りに散らばりがちな名刺や領収書、DMなどの書類をジャバラ部分に差し込んで収納できるファイル製品。通常の穴あけパンチ式やクリアポケット式のファイルと比べると差し込みも取り出しも簡単で、旅行時のチケットやパンフレットなど持ち運びアイテムにも向いている。カラーはブラックとレッドの2色で、価格は1260円(税込)。

貼ってはがせる「粘着画びょう」

ts_petats.jpg

 ピンや画びょうで書類を貼り出すときに気になるのが、壁面や紙面に残ってしまう穴。使い捨てのメモならともかく、お気に入りのポスターなどには傷をつけたくない……と考える人も多いだろう。トンボ鉛筆の「ペタッツ」(194円〜/税込)は、のり付き付せんのように貼ってはがせる「粘着画びょう」。本体は厚みのあるグミ状の粘着剤で、紙やプラスチック、布、ガラスなど違う素材同士でも固定できる。

5枚刃の「シュレッダーハサミ」

ts_chokkiru.jpg

 日々の業務で扱う書類の中には、個人情報を含んだ宛名や社外秘の機密情報など、適切に処理してから廃棄すべきものも多い。ナカバヤシの「チョッキル」(1470円〜/税込)は、そんな書類を裁断するためのシュレッダーハサミだ。5枚の刃を重ねた形状で、縦方向と横方向からカットすれば小さな文字でも細かく切り刻める。大量に処理する際の効率性で言えばやはり通常の電動シュレッダーに分があるが、ハガキや封筒などちょっとしたものを手軽に処理したい場合には、一つ持っておくと便利なアイテムと言えるだろう。

「針なしステープラー」で書類廃棄をカンタンに

ts_stapler.jpg

 ステープラー(いわゆるホッチキス)といえば、金属製の針とセットで使うのが一般的。しかしこの針を使わずに紙をとじてしまうのが、コクヨS&Tの「針なしステープラー<ハリナックス>」(594円〜/税込)だ。紙の一部に切り込みを入れてとじ穴を作り、そこに切り込みの先を差込んで固定する仕組みで、針を使わないため廃棄時にそのままシュレッダーにかけられるなどのメリットがある。

Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

オススメ記事