レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 UPDATE

「EOS Kiss X70」一言レビューまとめ

[ITmedia]

EOS Kiss X70 (キヤノン)

 有効約1800万画素CMOSセンサーを搭載した「EOS kiss」シリーズのエントリーモデル。背面液晶の大型化、各種デジタルフィルターの充実など、「X50」と比較して全面的な機能向上を果たした。

X70-001.jpg

Hiroshi_Watanabe.jpg

渡邊宏 ★★(2.0)

もうちょっと頑張ってほしいEOS Kissエントリー

【良い点】最新の全自動オート「シーンインテリジェントオート」を備えており、大抵のシーンならばオート撮影で問題ない。【気になる点】画素数などの仕様が「EOS Kiss X5」と大差なく、価格的には新製品である分だけ若干こちらが高い。現時点で選ぶならばX5だろう。


snomura_profile.jpg

野村シンヤ ★★★(3.0)

とにかく安くデジイチ始めたい人向けのEOS Kiss

ボディの大きさはEOS Kiss X7iとX7の中間くらいで、グリップは女性でも握りやすい大きさ。背面のボタンは適度な大きさで押しやすく、電子ダイヤルも軽めで操作しやすい。撮影機能はオートからマニュアルまで一通りそろっているのだが、ライブビューの「ライブ1点AF」はお世辞にも速いとはいえない。またX7i、X7では液晶ディスプレイがタッチパネル対応となっているが、X70はタッチパネルではない。とにかく廉価にデジイチ写真を撮りたい人向けの製品となっている。


hkobayashi.jpg

小林裕和 ★★★☆(3.5)

エントリーKissの決定版 最初の1台にお勧め

【良い点】中央F5.6対応のクロス測距AF、クリエティブフィルターなど、上位機種の「EOS 70D」に見劣りしない、必要十分な機能を備えた機体として生まれ変わったのが「EOS Kiss X70」。これからデジイチを始めたいユーザーには最高の選択肢の1つだ。

【気になる点】センサークリーニング機能がなく、背面液晶が46万画素しかないなど、価格相応のコストダウンが見受けられる。また、個人的にはエントリー機種だからこそWi-Fiを導入してほしかった。Wi-FiはSNS世代には必須の機能と思えるだけに、残念である。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう