レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 UPDATE

「α5000」一言レビューまとめ

[ITmedia]

α5000 (ソニー)

 Wi-Fiとカメラアプリにも対応した、“世界最軽量”のミラーレス一眼。NEX-3Nの後継機で、エントリーモデルの位置付けとなる。

a5000-001.jpg

snomura_profile.jpg

野村シンヤ ★★★(3.0)

あれこれ設定したくない人にはオススメ

デザインはNEXシリーズとさほど変わらないが、持ってみると意外にしっくりくるので、グリップが改良されているようだ。ボタンは少なく、エントリー機種らしい“なるべく触らずにキレイな絵を”というコンセプトで仕上げているのだろう。その反面、あれやこれやと設定したい場合はメニューからたどって操作するので一苦労。タッチパネルを導入して、操作の幅を持たせてもらってもいいんじゃないかと思った。


20120422-___.jpg

荻窪圭 ★★★☆(3.5)

コンデジ感覚ミラーレスが欲しいならよし

【良い点】APS-Cサイズながら小さくて軽くて何より安い。電動ズームレンズだとボディのズームレバーも使え、超高画質コンデジ感覚で持ち歩いて自分撮りもできるという、お気楽ミラーレス。

【気になる点】モニタは上にしか回らないしタッチパネルもなく晴天下では晴天モードに切り替えないと見づらいし、細かい操作もイマイチなど、コストダウンの跡が見え隠れするのが残念。


Hiroshi_Watanabe.jpg

渡邊宏 ★★★(3.0)

1台目の小さいミラーレス

【良い点】

Wi-FiとNFC、それにアプリ対応と既存NEX-3系が欠いていた要素を埋めた。キットレンズ装着時の撮影重量が約370グラムと軽いのも○。

【気になる点】

背面液晶が46万画素しかなく、精細感に欠けるのはエントリーとしてもマイナス。バッテリーの減りもやや早めに感じる。


hkobayashi.jpg

小林裕和 ★★(2.0)

ファミリー需要に特化。基本性能はやや見劣り

【良い点】

NEX-3Nから継承されている自分撮りモードが、旅行などでの家族や友人との記念写真撮影には非常に便利。このモードでは液晶をチルトし自分に向けるとシャッターを自動でタイマーに切り替えてくれる。 

【気になる点】

ライバル機に比べAF速度があまり早いとは言えず、速写性に乏しいことが残念。キットレンズの性能もあまり高くないことから、総合的な画質でいうと、交換レンズを使用することで真価を発揮する機種である。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう