レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 UPDATE

「PENTAX K-3」一言レビューまとめ

[ITmedia]

PENTAX K-3 (リコーイメージング)

 コンパクトな防じん防滴ボディにローパスレス仕様センサーを搭載した、デジタル一眼レフ「Kシリーズ」の最上位モデル。

K3-001.jpg

snomura_profile.jpg

野村シンヤ ★★★★(4.0)

ローパスフィルター切り替え機能はとってもユニーク

安定感のあるカッチリとしたグリップとボディは、もちろん防塵・防滴機構を備えているので安心感もある。世界初のローパスセレクターも搭載しており、画質重視にするのか解像度重視にするのか選べるのも大きな特徴。シーンに合わせて使ってみたい。AFも的確に反応し、-3EV低輝度対応なので暗所でも結構ひろってくれるのはうれしい。ISOは51200まで対応なのだが、6400あたりから少々ノイズが乗るのは気がかり。だが、それを含めても全体的な完成度は高い。


20120422-___.jpg

荻窪圭 ★★★★☆(4.5)

APS-C一眼レフの最高峰じゃあるまいか

【良い点】APS-Cサイズ一眼レフの最高峰といって過言じゃない性能・機能・操作性の充実ぶりがすばらしい。ボディは頑丈で防塵防滴だし、ローパスセレクターや自動水平補正など他社にはないアイデアにもあふれてる。デジタルならではのフィルタ系機能も充実しててうまく他の機能と融合している。名機。

【気になる点】このクラスまでくると、いくらボディがよくてもキヤノンやニコンのレンズ資産、フルサイズ機の有無と比べちゃう。それが気にならないなら問題なし。


Hiroshi_Watanabe.jpg

渡邊宏 ★★★★(4.0)

あらゆる点が進化した、本格一眼レフ

ファンも多いデジタル一眼レフ「PENTAX K」シリーズの最上位機種。ローパス機能のON/OFFに耳目が集まるものの、センサーやAFを始めとした主要部分もすべて強化されており、加えて、視認性に優れる光学ファインダーの搭載もあり、最上位にふさわしい撮り心地を味わうことができる。防じん防滴仕様なので対応レンズを組み合わせての風景撮影にも活躍しそうだが、35mmフルサイズセンサーではないのがちょっと残念。


hkobayashi.jpg

小林裕和 ★★★★(4.0)

とうとう来た、APS-C一眼レフの真打ち。課題は手ブレか

【良い点】大きく明るいファインダー、握りやすいグリップ、大幅に向上したAF等によりストレスなく撮影ができる。細かい設定項目や、分かりやすいボタン配置等アマチュアからプロまで幅広い要求に応える完成度が高い機体である。 

【気になる点】高画素に対しボディ内手ブレ補正があまり強力ではないため、シャッター速度が稼げない環境では三脚が必須となる。今まで手持ち中心だったユーザーも積極的に三脚を取り入れてAPS-C最高画質を体感してほしい。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.