レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 UPDATE

「FUJIFILM X-A1」一言レビューまとめ

[ITmedia]

FUJIFILM X-A1 (富士フイルム)

 APS-Cサイズ、有効1630万画素のCMOSセンサーを搭載した、富士フイルム Xシリーズの入門モデル。

X-A1-001.jpg

prof.jpg

園部修 ★★★(3.0)

Xマウントレンズが使えるエントリーモデル

カラフルなボディーとコンパクトなスタイルは好印象。ダブルズームレンズキットでもかなりリーズナブルな価格で、Xシリーズの入門機としては評価できる。チルト式の背面モニターも使い勝手がいい。処理速度は速く、起動も素早い。ただ、撮像素子が富士フイルム独自のX-Trans CMOSではない点は残念だ。撮り比べたわけではないのでまだ評価は下せないが、“富士フイルムならでは”の写りが期待できるかどうかがポイントになるだろう。※製品発表会でのファーストインプレッション


Hiroshi_Watanabe.jpg

渡邊宏 ★★★☆(3.5)

“フジの色”を楽しめるXマウントエントリー

先に登場しているX-M1とは搭載するセンサーが異なる兄弟機だが、撮像素子に「X-Trans CMOS」ではなく一般的なベイヤータイプを搭載する。だが、発色はいわゆる“フジの色”であってなんら見劣りしない印象を受けた。マウントが共通なので「XC」と「XF」の両レンズを装着できるが、XFの能力を引き出すならばX-M1などX-Trans CMOS搭載機を選びたい。X-A1は“フジの色”を楽しめるエントリークラスと理解する方がいい。

※製品発表会でのファーストインプレッション


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう