レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 UPDATE

「LUMIX DMC-GM1」一言レビューまとめ

[ITmedia]

LUMIX DMC-GM1 (パナソニック)

 マイクロフォーサーズ規格に準拠し、“世界最小ボディ”(パナソニック)をうたうミラーレス一眼。

lumix_gm1k-001.jpg

prof.jpg

園部修 ★★★★(4.0)

小さいが質感の高いボディ ハンドグリップは入手すべし

良い点は、手のひらサイズのコンパクトボディにデジタル一眼としての機能が可能な限り詰まっている点。コートのポケットなどに入れて持ち歩ける、マイクロフォーサーズならではのサイズ感は驚きだ。逆に気になるのは、小型化を優先したことで背面モニターのチルト機構などがないことと、手ブレ補正があるものの、撮影時に気を付けないとついカメラが動いてしまうこと。この部分さえ納得できれば、スマホでは撮れない写真が手軽に撮れるカメラとして活躍することは間違いない。オプションのハンドグリップを付けるとさらに握りやすくなるので、ぜひ入手したい。


htanaka.jpg

田中宏昌 ★★★★(4.0)

金属感あふれる“ミクロ級”ボディが撮る気にさせる

普段、マイクロフォーサーズ規格のカメラはLUMIX DMC-GF5を使っているが、それと比較しても小ぶりでスナップ撮影も軽快に行える。それでいて、手にした際はマグネシウム合金を採用したボディの金属感も味わえるのが秀逸だ。ローレット加工が施されたアルミ削りだしのダイヤルも非常にカッチリとしており、写真を撮る気にさせてくれる。約104万画素の3型モニターは固定タイプだが、視野角も広く、タッチパネルの操作性も良好だ。画質に妥協せず、気軽に持ち運べる優れた携帯性のカメラ探しているならば、真っ先に触れてほしいカメラの1つと言えるだろう。

※β機でのファーストインプレッション


Hiroshi_Watanabe.jpg

渡邊宏 ★★★★(4.0)

小さいことは正義

小さいカメラはいつも心を揺さぶってくる。小さいだけで魅力が増すという人は自分だけではないと信じてやまない。小さいだけではなく上位モデル「GX7」譲りの撮像素子を搭載してAFも高速、付属レンズも小さいので、トータルとしてのサイズも押さえられている。ちなみに付属レンズを組み合わせても300グラム以下の重量に収まる。マイクロフォーサーズなので交換レンズも豊富なのだが、なるべく高さのないレンズを選びたい。


snomura_profile.jpg

野村シンヤ ★★★★(4.0)

小さくてカッコイイ! パナの本気度が見えるカメラ

箱から出して手に取ると、「おっ! 小さい!」と思えるボディサイズ。DMC-GF6と比べても一回りほどコンパクト。ボディトップにはアルミ削り出しのダイヤルが並び、細部にはローレット加工が施されるなどデザインに対する本気度は高い。前面にはシボ加工された合皮が貼られており、小さくても滑りにくい工夫も◎。カメラ機能はGシリーズの最新モデルとして抜かりなく詰め込まれており、タッチパネルの操作性もなかなかよい。ストロボがもう少しおとなしく出てほしいのと、撮影可能枚数が230枚と少ないのが残念なところか。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう