レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 UPDATE

「α7R」一言レビューまとめ

[ITmedia]

α7R (ソニー)

 Eマウントを採用し、ミラーレス構造とすることで「世界最小」(ソニー)のサイズを実現したフルサイズ機。光学ローパスレス仕様の有効3640万画素センサーを搭載した「α7R」と、有効2430万画素センサーを搭載した「α7」をラインアップする。

ILCE-7R-001.jpg

prof.jpg

園部修 ★★★☆(3.5)

ローパスレスかつ、高解像度なセンサーがポイント

ボディはα7と同じ形状・サイズだが、α7Rはローパスフィルターを搭載しておらず、センサーの有効画素数が3640万に向上しているとんがったモデル。その分価格が高くなっているが、より高い解像感を求める向きにはこちらの方が魅力的に見えるかもしれない。連写は遅い。個人的には、価格性能比の観点から、趣味のレベルならα7で十分楽しめるのではないかと感じている。レンズを選ぶ可能性もあるので、最終評価は製品版を見てからとしたい。※製品発表会でのファーストインプレッション


Hiroshi_Watanabe.jpg

渡邊宏 ★★★(3.0)

解像力を引き出すレンズの存在がカギか

α7の兄弟機で、画素数が1000万画素アップし、ローパスレスとなった解像力重視モデル。触れた限り動作に極端な重さはなくα7に近い運用が可能な気もするが、位相差AFが非搭載であるほか、α7との価格差も気になる。解像力優先仕様であるので、能力をフルに引き出せるフルサイズ対応のEマウントレンズの充実を待たねば評価が難しいと言わざるを得ない。

※製品発表会でのファーストインプレッション


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう