レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 UPDATE

「FUJIFILM X-E1」一言レビューまとめ

[ITmedia]

FUJIFILM X-E1 (富士フイルム)

 シリーズ最上位機である「X-Pro1」の画質とスタイルを継承しながら、有機ELファインダーを搭載し、ボディを小型化したモデル。

X-E1-001.jpg

20120422-___.jpg

荻窪圭 ★★★★(4.0)

「Pro」が取れて少し普通になった分、お勧め度は広い

X-Pro1はいいけど、ちょっと大きくて重くて高いよね、という人に勧めたいX-E1。ファインダーがEVFのみになり、ちょっとコンパクトになったがアナログ風な操作系は健在。EVFの追従性がもうちょっと高いと嬉しいけど、発色は安定してて画質もさすが富士フイルムという階調感がたまらないので、スナップやポートレート用にいい。大人のミラーレス一眼というところ。ズームレンズも出てきたけど、個人的には単焦点レンズを付け替えて使いたい。


snomura_profile.jpg

野村シンヤ ★★★★(4.0)

フジのレンズ交換式カメラのスタンダードモデル

クラシックテイスト満載のXシリーズの中で、スタンダード的な位置づけの本機。光学式電子ビューファインダーにすることで、X-Pro1よりも一回り小さいサイズになっている。それでも、オールドカメラを意識したデザインは徹底されており、アナログ風なシャッターボタンやシャッタースピードダイヤル、光沢感のあるパーツの組み合わせはたまらない魅力を醸し出す。センサーもAPS-Cサイズの「X-Trans CMOS」が使われており、画質も十分満足できる。X-Pro1では手に余る方はこちらがオススメ。


kimafuji_ico.jpg

今藤弘一 ★★★★(4.0)

所有欲を満足させてくれるボディも魅力

“X-Trans CMOS”と呼ばれるAPS-CサイズのCMOSセンサーを搭載。有効画素数は1630万画素で、最高感度はISO 25600まで設定可能だ。そういうスペックだけでなく、古きよき時代のカメラを思わせるシルバーボディとエンボスのグリップ調に引かれる人も多いはず。シャッタースピードや露出補正を頭頂部のダイヤルで選ぶのも、アナログテイスト全開で好感が持てる。実売で9〜10万とミラーレス一眼としては高価格だが、ユーザーの所有欲を満足させてくれるのは間違いない。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう