レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 UPDATE

「NEX-5R」一言レビューまとめ

[ITmedia]

NEX-5R (ソニー)

 Eマウント採用カメラのミドルクラスという位置づけは従来機そのままに、像面位相差AFセンサーを撮像素子に埋め込み、Wi-Fi搭載で「専用のアプリ」を追加して機能を拡張できるなど新機能を詰め込んだ。

NEX-5R-001.jpg

nagayama.jpg

永山昌克 ★★★★(4.0)

像面位相差AFや無線LANを搭載した小さなNEX

「筒と板」というコンセプトに沿って、極限まで無駄を削ぎ落とした小型軽量スタイルが大きな魅力。この基本デザインは初代の「NEX-5」から継承したもので、その上で本機では液晶の可動角度が広がり、家族や友人との記念撮影を自分込みで楽しめるようになった。また、「ファストハイブリッドAF」の採用によってAFが高速化したことや、上位の「NEX-6」とは異なり、タッチパネルが使える点もポイントだ。


20120422-___.jpg

荻窪圭 ★★★★☆(4.5)

NEXの象徴的なミニマルデザインの新世代ミラーレス

NEXといえばこれ。ギリギリまでそぎ落としたミニマルなボディがすごくソニーらしい。小さいけれども凹凸があってグリップしやすいし、ダイヤルとタッチパネルを上手に併用した使い勝手も面白いし、アプリを追加して機能を増やせるという発想も斬新。ただ、UIがこなれてないのと、タッチパネルが感圧式なのが欠点だ。ぜひ静電容量式タッチパネルに戻してほしい。それ以外は実にユニークで撮影スタイルが自由で写りもちゃんとしてて素晴らしい。


snomura_profile.jpg

野村シンヤ ★★★★(4.0)

タッチパネルで直感的な操作したい人にはコレ

NEX-6と同時期に発売された本機は、同等の性能を持つ兄弟モデル。異なる点としては、光学ファインダーと内蔵フラッシュが省かれたことにより、さらにコンパクトで軽くなっていることだ。また、NEX-6よりもボタン類が少なくなっているが、タッチパネルを採用することで、よりシンプルに直感的な操作が可能となっている。スマホやコンパクトデジカメに慣れた人はこちらの方が操作しやすいだろう。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう