レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 UPDATE

「SIGMA SD1 Merrill」一言レビューまとめ

[ITmedia]

SIGMA SD1 Merrill (シグマ)

 CMOSセンサー「Foveon X3」(コードネーム:Merrill)を採用するデジタル一眼レフカメラ。既存の「SD1」に搭載されていたセンサーと同様の描写能力を持ちながら、製造工程を見直すことで全体としてのコストダウンを実現した。

SD1_Merrill-001.jpg

nagayama.jpg

永山昌克 ★★★(3.0)

独自のセンサーによる高精細な画質を堪能する

RAW撮影での画像処理の遅さや、安定感に欠けるオートホワイトバランス、ノイズが目立つ高感度画質、ライブビュー非対応など不満点はいくつかあるものの、独自のX3ダイレクトイメージセンサーが生み出す圧倒的な細部描写力については、APS-Cセンサー搭載機の中ではトップレベルの性能だ。解像感優先で風景や静物を撮りたい人には有力な選択肢になる。


20120422-___.jpg

荻窪圭 ★★★(3.0)

圧倒的な画質だけどRAWで撮るのが前提です

シグマだけが作ってるRBGを三層に重ねたFoveon X3センサーというのがあり、これを搭載した一眼レフがSD1 Merrill。とにかくディテールの描写が素晴らしく偽色がないので彩度を上げても破綻しない。その代わり高感度には弱く、RAWで撮って自分で現像するのが前提といった感じ。当たれば素晴らしい絵を見せてくれるが、万人向けじゃない。そのトンガリ具合が熱狂的なファンを呼んでいる。交換レンズメーカーだけに、レンズが豊富にそろっているのはさりげない魅力。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう