レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 UPDATE

「EOS Kiss X7i」一言レビューまとめ

[ITmedia]

EOS Kiss X7i (キヤノン)

 エントリーモデル「EOS Kiss」シリーズの最上位に位置するモデル。従来機と比べ、標準キットレンズがSTMレンズとなったことでより動画撮影が利用しやすくなったほか、モードダイヤル項目の見直しなどで操作性を高めた。

EOS_Kiss_X7i-001.jpg

nagayama.jpg

永山昌克 ★★☆(2.5)

新ズームは魅力的だが、従来からの進化は少ない

2012年に発売された「EOS Kiss X6i」のマイナーチェンジ機。改良点はクリエイティブフィルターやキットレンズなどごくわずか。同時発表された「EOS Kiss X7」に比べると、バリアングル液晶採用のメリットはあるものの、ライブビューAFは旧世代の「ハイブリッドCMOS AF」のままであることが不満。新しくなったSTM仕様の標準ズームは、静音性と描写性能が向上している。


20120422-___.jpg

荻窪圭 ★★★★(4.0)

Kiss X6iのマイナーチェンジだがエントリー向けとしてはお勧め

EOS Kissといえばエントリー向け一眼レフの代名詞で、確かによくできてる。手に持った感じも親しみやすいし、バリアングルモニタやタッチパネルもいい。惜しむらくは像面位相差AFセンサーの割にはライブビュー時のAF速度がいまひとつなこと、X6iとの違いが少なすぎること。X6iの完成度が高かったから無理に変える必要は無いのだけれども、ちょっと残念。


snomura_profile.jpg

野村シンヤ ★★★★(4.0)

キットレンズが新しくなった最新Kiss

キヤノン製エントリーモデルとして大人気の「EOS Kiss」シリーズの最新モデル。X5から搭載されているバリアングル液晶モニターはタッチパネルを備え、スマホ感覚の操作に慣れた人にとってはとても便利。レンズキットに付属する「EF-S18-55 IS STM」はステッピングモーターを搭載し、AFがとても静かになった点もよい。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう