レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 UPDATE

「iPad(第3世代)」一言レビューまとめ

[ITmedia]

iPad(第3世代) (Apple)

 第3世代iPadは、高精細なRetinaディスプレイを搭載し、1080pでの動画撮影に対応する500万画素iSightカメラを内蔵。グラフィックス性能も向上した。

iPad3-001.jpg

Eiichi_Yoshikawa.jpg

吉川英一 ★★★★(4.0)

圧倒的に美しい画面、処理速度など細かい弱点も

iPadとして初めて縦横2倍のピクセル密度を持つRetinaディスプレイを搭載し、当時としては他製品を圧倒する美しい画面を誇った。ただピクセル数増加に対応する処理能力の不足や本体の発熱量が大きいことなど弱点の指摘も。現行OSであるiOS 6、次世代OSとなるiOS 7に対応し、当面の最新機能を享受するには問題ないが、これから買うなら現行(第4世代)か、近々発表が噂されている次世代をすすめる。


pporoch.jpg

ぽぽろっち ★★★☆(3.5)

RetinaディスプレイとCPU周りの強化で恐ろしい進化を遂げたiPad

第2世代以前のiPadと比較して、倍の解像度となったRetinaディスプレイは、これまでのスクリーンがいったいなんだったのかと思えるほどのインパクトがあったことを思い出す。これに合わせて、CPU周りも強化され、高解像度のスクリーンをサクサク動かすことができるモンスターマシンとなっている。通信周りも3Gだけでなく、より高速な3.5Gにも対応している。


suzumari_300.jpg

すずまり ★★★★(4.0)

まだまだ現役。電子書籍の雑誌向けにいかが

2012年3月発売モデルだが、Web、メール、写真、動画、音楽と、普段使いにいまだまったく不足なし。高精細さがウリのRetinaディスプレイを搭載しているので、文字や映像もくっきり。細かい文字も読みやすいので、電子書籍の雑誌なら、最小限の拡大縮小で楽しめる。ただし、650グラムを超えるなど、タブレットの重さとしては重量級。持ち歩きよりはインドア向きかも。


memn0ck.jpg

memn0ck ★★★★☆(4.5)

Lightningコネクタではない以外は今でも満足

Retinaディスプレイはやはりそれ以前のものと比べると美しく、持ち歩くのは大きく重く感じつつも、家の中での利用なら手軽で便利に使えており、現時点でも現役となっている。唯一の不満は、iOS搭載モデルの新しい機種では充電などの端子がLightningコネクタになっているが、これは従来までの30pinのDocコネクタなので、iPhone 5用のLightningコネクタと新しいiPad用のDocコネクタを用意しておかなければならない点。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう