レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 UPDATE

「Diginnos Tablet DG-Q10S」一言レビューまとめ

[ITmedia]

Diginnos Tablet DG-Q10S (サードウェーブデジノス)

 低価格Androidタブレットとして話題を呼んだ「DOSPARA TABLET」の後継として登場した10.1型タブレット。

DG-Q10S-001.jpg

pporoch.jpg

ぽぽろっち ★☆(1.5)

安い割にサクサクで良さそうだけど、地雷もあり

定価ベースで、19980円と低価格な10インチタブレット。クアッドコアということで、価格の割にはキビキビと動作する。ただし、同シリーズの7インチモデル「DG-D07S」と同様に難点もある。まずは、電源供給が専用端子のACアダプタを使う必要があり、そのACアダプタもあまりコンパクトなものではない。次に、Google Playに非対応なため、アプリのインストールに難があります。


showji250a.jpg

庄司恒雄 ★★☆(2.5)

Androidが使える人にはCP高いデバイス

Android4.1搭載で、クアッドコア Cortex-A9搭載で、10.1インチ1280×800ピクセル、RAM1GB、ストレージ16GB仕様と、中華系タブレットとしては標準だ。Google Playは非搭載なので、アプリインストールはすこし面倒だ。また充電は専用のACアダプタ仕様となる点も少し面倒だ。その分、10.1インチで19800円と価格はかなり魅力的となっている。またUSBホスト機能に対応しているので、付属ケーブルでUSBマウスやキーボードなどを接続して利用することもできる。初心者には向かないが、Androidが使えるユーザーには楽しめるデバイスだろう。


suzumari_300.jpg

すずまり ★★★(3.0)

サイズも価格もライトだが使う人を選ぶ端末

厚さ8.5ミリで10.1インチながら重さ約544グラムと、同サイズではトップクラスの軽さ。動作は軽快で、USB OTG用のケーブルも添付される。これで2万円を切る価格は魅力。だがカメラ含め画質は粗めで、充電は専用のACアダプタが必要。またGoogle Playは利用できず、アプリはTapnowから入手する。高級機との違いを理解した上で活用できる方なら、非常に高いコストパフォーマンスを発揮しそう。


syacho01.jpg

太田百合子 ★★☆(2.5)

安価で手軽に使える大画面タブレット

10.1インチの大画面タブレットの中では、実売価格が2万円を切るなどダントツに安い。充電は専用ACとなるが、microSDやminiHDMIなど拡張性もあり、使い勝手は決して悪くない。ただし、最大の難点は「Google Play」に非対応という点。Google系のアプリもプリインされておらず、初心者の入門用タブレットとしてはややハードルが高い機種と言えそう。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう