レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 UPDATE

「HP Slate7」一言レビューまとめ

[ITmedia]

HP Slate7 (HP)

 手堅い作りと高い質感、そして1万円台前半で手に入る価格が特徴の7型Androidタブレット。高音質なヘッドフォン再生が可能な「Beats Audio」にも対応している。

HP_Slate7-001.jpg

showji250a.jpg

庄司恒雄 ★★★(3.0)

大手メーカーらしい安心感のある低価格タブレット

Android 4.1、デュアルコアCortex-A9 1.6GHz,1024×600ピクセル、RAM1GB、ストレージ8GB(直販モデル)と中華系タブレットスペックだが、ホスト機能と充電対応のmicroUSB端子、大手メーカー製とあって、初心者でも安心して使える仕様となっている。さらに8GBモデルで13860円という価格は、かなりコストパフォーマンスが高い。決して高性能ではないが、試しに使ってみたいという人には選択肢に入れてもよいだろう。


suzumari_300.jpg

すずまり ★★☆(2.5)

音質重視の自宅利用ならあり

赤いパネルはインパクトがあり、マットで女性でも片手で持ちやすい。ただし、画面は1024×600ピクセルと粗めで、サイズの割に重さを感じる。世界初のBeats Audio搭載で音質にこだわっているが、バッテリーの持ち時間が約5時間となっているため、音楽再生しながらあれもこれもというのは厳しそう。外で1日使えるタブレットを求めるならあまりお勧めできない。使う人をかなり選ぶ端末かもしれない。


syacho01.jpg

太田百合子 ★★★(3.0)

迫力あるサウンドが楽しめる異色タブレット

「Beats Audio」を搭載し、音にとことんんこだわったタブレット。実際にヘッドフォンで音楽を聴くと、かなり良い音。背面が赤いモデルはBeats Audioのブランドカラーともマッチして、同社製のヘッドフォンとのコーディネートも決まりそうだ。ディスプレイは「Nexus 7」と同じHFFSパネルを採用。広視野角で、動画の視聴にも向くが、バッテリー消費がやや速いように感じる。


130929_2106bpm_01_500.jpg

2106bpm ★★☆(2.5)

お手軽タブレットだけど値段相応の仕様といった印象

ボディは持ちやすさや質感を意識したシンプルな作りといった印象。赤が好きな人には注目すべき製品だろう。OSとCPUは現行タブレットとしては標準的な装備、ステレオスピーカーやBeats Audio搭載により音質の良いタブレットという特長付けができているのは良いが、RAMが1GB、8GBもしくは16GBと少なめ。メインカメラも300万画素、バッテリーの持ち時間も約5時間と随所に物足りなさを感じる。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう