レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 UPDATE

「ARROWS Z FJL22」一言レビューまとめ

[ITmedia]

ARROWS Z FJL22 (富士通)

 5インチフルHDディスプレイに2.2GHzクアッドコアプロセッサーを搭載したハイエンドモデル。卓上ホルダーと専用ACアダプターを使用して、10分の充電で1日使える急速充電が可能となった。

FJL22-001.jpg

showji250a.jpg

庄司恒雄 ★★★★(4.0)

通信と使い勝手の安心感を増したソフトなARROWS

ARROWSというと最高スペックでやや不安定というイメージがあるが、ARROWS Z FJL22はフラッグシップでない分、落ち着いた機種といえる。オールインワンは当たり前だが、10分で1日使える分の充電が可能な急速充電ホルダーが同梱される点が実用面で一番大きなメリットだろう。また3G/LTEとWi-Fiを同時に接続できる安心感も見逃せない。本体は外面や四隅のラウンドデザインの採用で汎用性が高い。カラーもピンクを用意するなど、女性もターゲットして強く意識された機種といってもよいだろう。手にも優しい質感により手になじむため、特徴である背面の指紋センサーも扱いやすくなった。


130929_2106bpm_01_500.jpg

2106bpm ★★★★(4.0)

丸いデザインがかわいい! 指紋センサーも丸型に

2013年冬モデルのARROWSは各キャリア向けとも、これまでの尖ったデザインではなく、全体的に丸いデザインで、ハイスペック推しではなく、どちらかと言うと使いやすさをアピールしている。このFJL22も例外ではなく、幅広い年齢層にリーチできる“選びやすい機種”に仕上がっている印象だ。防塵には対応しないが、イヤホンジャックやmicroUSBはキャップレス防水に対応しケーブルの接続がしやすくなっている。


131026_seu_prof.jpg

Sho INOUE ★★★★(4.0)

高いレベルで安定したARROWS

au向けでは約1年ぶりとなるARROWSブランドのスマートフォン。従来の“やんちゃ”ぶりからは離れ、ハードウェア・ソフトウェア共に高いレベルで快適かつ安定して使えることを重視した設計となっている。筐体も、ハードボイルド的な方向からソフト方向へとシフトしていて、より幅広いユーザー層に使いやすいスマートフォンに仕上がった印象だ。今までのARROWSに懐疑的なユーザーにこそ使ってみてもらいたいモデルである。


Copyright© 2017 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.

この記事が気に入ったら
ねとらぼに「いいね!」しよう