レビュー
» 2014年07月01日 00時00分 UPDATE

「GALAXY Note 3 SCL22」一言レビューまとめ

[ITmedia]

GALAXY Note 3 SCL22 (Samsung)

 auでは初となるGALAXY Noteシリーズ。本体内蔵の「Sペン」を使った機能を拡張し、一般の操作用デバイスとしても活用できるようになった。

SCL22-001.jpg

tanaka.jpg

田中聡 ★★★★(4.0)

Sペンの使い勝手が秀逸、大画面を生かした工夫も

auのファブレット3機種(GALAXY Note 3、Xperia Z Ultra、G Flex)を使い込んでみたが、やはり“ノート”としての使い勝手はNote 3に一日の長がある。何よりSペンの書き心地が秀逸で、本物のノートにペンを走らせているような感覚でスラスラ書ける。スマホで本格的なお絵かきができるのもGALAXY Noteシリーズだけだと感じている。Note 3には「エアコマンド」が追加され、Sペンの使い勝手がさらに向上した。2つのアプリを分割表示できる「マルチウィンドウ」も5.7型の大画面ならでは。GALAXY S5が日本でも発売されそうな気配だが、Note 3の魅力もしばらくは色あせないだろう。


130929_2106bpm_01_500.jpg

2106bpm ★★★★☆(4.5)

待望のau向けGALAXY Noteが登場! 完成度も高くまずは使ってみたい

au向けとしては初のGALAXY Noteが登場した。独自のSペンとSペンで操作するためのインターフェースは中毒性があり、一度使うとやみつきになる。今回実装された「エアコマンド」も便利な機能が集約されているのだが、なにより操作性が素晴らしい! マシンパワーもさることながら、Sペンが活用できるようしっかりとチューニングされている印象。大きな筐体だがその分バッテリーを大容量化できるのも魅力の一つ。


showji250a.jpg

庄司恒雄 ★★★★★(5.0)

新時代のペン操作を実現した最高峰ファブレット

au初のGALAXY Noteは完成度が高い第3世代モデルとなる。5.7インチと液晶ディスプレイは大型化しながら、幅、厚み、重さともに前機種より小型化を実現した。GALAXY Noteは指タッチのほか付属のSペンによるペン入力が大きな特徴だが、Note 3ではメニューを一覧表示できる「エアコマンド」を搭載し、Webページや動画、画像などをSペンで切り取ってストックできる「スクラップブック」や画面に四角を描くとよく使うアプリがポップアップする「ペンウィンドウ」など、ペン操作が一段と向上した。唯一、今回も非防水なのが残念なところだが、4K動画撮影もできる本体RAMが3Gバイトの増加や高速2.3GHz CPUなど、ハードウェア性能も非常に高いレベルのファブレット端末だと言える。


chieprof.jpg

藤原智恵子 ★★★★☆(4.5)

大画面とペン入力が融合した使い心地

GALAXY Noteシリーズとしては日本で3機種目のGALAXY Note 3が待望のKDDIから発売しました。NTTドコモ版と同一スペックで、5.7インチ大画面ながら、前機種GALAXY Note IIよりも横幅が短くなり、持ちやすさはそのままにスペックアップしています。大画面の使いやすさはもちろんのこと、片手操作がしやすいように画面の縮小表示やパターンロックの片側寄せなど工夫が見られます。付属のスタイラスペン「Sペン」の書き味もアップしており、ペンを使って直感的に操作できる機能が多数搭載されているので、これまでペンを使ってこなかった人もペンを使ってみたくなるような端末になっています。

これまでの便利さを更に向上させた魅力的なモデルになっていると思いますので、auユーザーはNoteデビューしてみてはいかがでしょうか。


Copyright© 2016 ITmedia, Inc. All Rights Reserved.